その他,資産運用

投資は何から行えばいいのか?何へ投資すればいいのか?元機関投資家が世界一分かり易く徹底解説!

2019年から投資を学ぶ人が急増しました。しかしひと口に投資と言っても様々な種類があり、何へ投資すればいいのか分かりませんよね。それに投資先によっては勉強法も異なる為、漠然と投資したい気持ちが残り前に進まない方も急増しています。

そこで本記事では投資に関するアレコレを解説したいと思います。皆さんの不安な気持ちや疑問点が少しでも解消されれば嬉しい限りです。

本記事で学べる内容

➢投資の種類を完全網羅。全部分かります!

➢数ある投資先の中から投資先を正しく選ぶ基準を表にして解説!

➢いくら投資金を用意すればいいのか?

投資は何種類あるの?

投資は広義で言えば上記の約8種類が存在します。ここから更に枝分かれした部分も合わせると無数にも広がってしまい数えるのが大変なので、先ずはこれだけ確認していきましょう。

対象メリットデメリット
不動産投資手堅い回収までに時間が掛かる
FX高利回り
少額資金から可能
損失する時の金額も
大きい
株式投資応用が利く
総合評価で優れている
株式投資で儲けるには高額
な資金が必要      
国債最も安全性が高い最も利回りが低い
投資信託エリートが開発した
金融商品に1円から 
投資することが出来る
レベルの低い営業マン
が多く、間違った投資
信託を売られやすい事
先物投資(個人的に)手堅い(個人的に)利回りが高い
商品先物イメージが付きやすい非常に高度な勉強が必要
預金お金が減らないお金が増えない

投資とは何か?投資の基本的な考え方は以下の記事をご確認ください。

不動産投資

家や土地といった建物に投資を行う富裕層から絶大な人気を集めています。とは言え金持ちに限定された投資先ではなく、年収500万円以上あれば誰でも無理なく不動産投資は行えます。

筆者も名古屋にマンションを1棟保有しています。その実際に不動産投資を行っている身からしてメリットとデメリットをお伝えします。

年収500万円以上限定の不動産投資相談サービス

不動産投資のメリット

手堅いことが何よりのメリットだと思っています。筆者は一括でマンションを購入した訳ではありません。借入で購入しています。しかし家賃収入のほとんどを返済に回し、20年後には返済が終わり、家賃収入のみが残ります。

空室をはじめとする様々なリスクはありますが、物件の管理会社を入れれば手数料を取られながらもこれらリスクを全て引き受けてくれます

ですから長期間時間を要しますが、安定収益となる可能性が極めて高いのです。

初心者にもわかりやすくノウハウを伝授します!
マンション無料投資セミナー

また筆者は購入出来ませんでしたが、タワーマンションの最上階を購入した方は、建設前の値段と完成後の値段の差に約6,000万円の差が生まれたと購入者から聞きました。

タワーマンションは金銭的に余裕のある方々から人気の物件で特に最上階は直ぐに埋まる傾向にあります。これは億単位の資産を持っている方に限定されますが、手堅く大金を獲得できる可能性も魅力的です。

不動産投資のデメリット

ちらっと登場しましたが回収までに時間が掛かります。とにかく長い。20年は比較的早い方で、実際は25年とか30年がほとんどです。(契約前に分かります)

30歳の方が30年ローンで不動産投資を行っても60歳になって初めて安定収入に繋がるとなると、家賃収入にもよりますが年金が貰えないことを考慮すると1部屋では足りない可能性が極めて高いです。

更に不動産管理会社が間に入るので手堅さも生まれますが、反面、利回りも低下してしまいます。

将来的に日本の人口が減って過疎化することがシミュレーションされていますから、20年先、30年先どうなるか安心できないのも実際のところ。不動産管理会社が倒産しない訳では無いので、そういった長い将来に対して細々とリスクが乗っかるところがデメリットではないでしょうか?

外国為替証拠金取引(FX)

通貨に投資をするのがFXです。我々が普段何気なく使用している日本円も対外国通貨で価格を比較すると日々変動しています。この変動に投資を行うことで収益を狙うというもの。

FXのメリット

少ない投資金額から始められる投資の一種です。10万円もあれば満足いく投資が行えます。実際に10万円からはじめて数百万円まで築いた人は珍しくありません。

新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】

よく株とFXは比較されがちですが、通貨は株と違って十数種類しかありません。後述しますが株は3,000種類前後あります。

投資対象の少なさからFXの方が情報を絞込みしやすいし、ほぼ24時間取引ができる点も魅力的だと答える人が多いです。

こちらは当サイトが数ある運用法の中から太鼓判を押す程のオススメ投資法です。薄利ではありますが、超安定性を誇っています。とにかく勝率を重視する方には必見です!

FXのデメリット

証拠金取引なので最悪、マイナスつまり借金を抱えてしまう可能性があることです。また株は3倍、先物は10倍の倍率で運用が可能ですが、FXは25倍のレバレッジを利かせることになるのです。

これはメリットとして紹介されることがほとんどです。確かにメリットではありますが、初心者が一歩間違えれば大きなデメリットにもなり兼ねません。まさによく切れるナイフを逆手に持ってしまった状態になるのです。

またFXを日本に拠点を持たない海外の会社で運用する方が多いです。外国のFX会社を利用するメリットでレバレッジ制限が無いことを指摘しているサイトが多いのですが、日本もかつてはレバレッジが無制限でした。

しかし無制限であるからこそ多額の借金を背負う人が続出したのです。投資による借金は自己破産出来ません。地獄の返済生活を余儀なくされてしまうのです。

これを防止する為に金融庁がレバレッジ制限を設けた背景があります。また日本に拠点を置いていない会社だと金融庁保護が受けられません。何かトラブルがあっても自己責任です。その点、日本の会社であればFX会社との間で何かトラブルが起こっても金融庁が守ってくれます。

株式投資

投資と聞くと株式投資を連想される方も多いのではないでしょうか?それほどまに馴染みのある株式投資は非常にユーザーが多いのも現状としてあります。絶対に借金を抱えることの無い現物取引を始め、特に女性から支持を集めているのが特徴的です。

株式投資のメリット

リスクが少ないことが特徴の株式投資は始めるきっかけが多いこともあり税制優遇されていることも特徴の1つです。覚えなくてはならないことは多いですがその分、応用が利くので幅広い確度から投資を行うことも可能です。

例えば株と先物取引を合わせた運用法は最もポピュラーで投資を専門に行う機関も運用方法の1つに採用している程です。

株式投資は全投資対象の中でも最もバランスが良いと言えるでしょう。

株式投資のデメリット

高額になることと沢山の勉強が必要であることがデメリットと言えます。10万円以下でも株主になることは可能ですが、株式投資で儲けようと思えば最低でも200万円は用意したいところ。200万円を貯金として持っている方は多いものの、200万円を余剰資金として使える方はあまり多くは無いのが現状。

故にまだお金が自由に使える独身者が将来の為に株式投資でコツコツと運用することに向いていますが、資産形成を目的とした投資初心者が株式投資をチョイスするには十分な勉強が必要でしょう。

国債投資

正直あまり詳しくはありません。国債投資は金融機関で働いていた頃でさえ指標として参考にしていた程度で実際に投資したことはありません。恐らくこの先も投資することは無いでしょう。

国債のメリット

超手堅い運用先です。不動産投資が一軒のビルやマンションなら国債投資は一つの国です。国が無くならない限りリターンが見込める為、非常に手堅いと言えます。

例えばアメリカ国債の2年物だと利率は0.13%です。2年後にアメリカが存在していれば年率0.13%の利益となる為、可能性としてはほぼ100%(2年後にアメリカが存在する可能性と同等なので)と言えます。※2020年5月10日現在

ただ0.13%だと例え1億投資してもリターンは年13万円です。果たしてこれを投資で成功したと言えるのでしょうか?運用資金が1,000億円もあれば話は別ですが・・・。

国債のデメリット

利回りの低さ。これに尽きます。

投資信託

証券会社や銀行などの金融機関から投資信託の営業を受けたことはありませんか?実は投資信託は金融機関において最も美味しい商品です。投資信託で運営していると言っても過言ではありません。実際、投資信託だけで運営している金融会社も存在する程です。

ですので、手数料を物凄く取っているイメージがありますが実はそうではないんです。投資信託をデイトレードみたいに買ったり売ったりするから手数料が金融機関に落ちやすく、投資家が損しやすくなってしまいます。

これは投資信託を建前上は中立の立場で推奨するIFAも同じこと。投資信託は誰かに相談するものではありません。自分自身で考えて購入しないと痛い目に遭ってしまいます。

月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナー

じゃあ投資信託はオススメしないか?そうではないんです。投資信託はかなりオススメです。

投資信託のメリット

商品によりますが1円からでも投資が可能になっています。この間口の広さが投資信託の魅力の1つ。でもそれよりももっと魅力的なのがその中身です。

投資信託は投資のプロが何十人も集まって戦略を練りに練って作られた金融商品なんです。この投資信託の開発部はエリート中のエリートが集まっています。新米の証券マンがいきなり作っているわけではないのです。

そんなエリート達が自身の出世の為に尽力した集大成に投資が可能であることが最大のメリット。

そして投資信託の多くは億単位の運用資金を要しますが、何人もの人が集まってお金を出し合って運用するのが投資信託ですので、スケールが物凄く大きい富裕層でしか扱うことの出来ない投資に少額投資が出来るのも魅力ですね。

投資信託のデメリット

投資信託で粗悪なものって少ないです。ただ投資信託の販売員は新人が多いのです。「Aさんには本当はA商品を勧めないと正しい運用が出来ないのに、新人で知識が少ないからB商品を勧めてしまう。」といったアクシデントが発生してしまいがちです。

その投資信託の正しい知識や運用法を正しく説明できない人が多すぎる印象です。私の家にも時々営業電話が掛かってきますが、正しく営業出来た人は正直1人もいませんでした。

投資信託は初心者が扱うべき金融商品です。ですが購入前に投資知識をたくさん習得するか投資知識が豊富な方に相談する必要があります。

先物投資

先物投資は目に見えない将来の価格に対して投資するものです。主に指数と呼ばれるインデックス投資が先物に当たります。

日経平均株価そのものに投資することは出来ませんが、日経平均株価を投資対象としてカタチにしたものが先物です。これに投資することは出来るのです。

▼詳しくはこちらの記事で解説してあります。

先物投資のメリット

筆者は先物投資だけで毎月20万円~50万円以上の利益を獲得しています。ですから先物投資は非常にオススメしたい運用先です。

メリットの1つは手堅さがあります。国債や不動産投資よりもリスキーですが、株式投資やFXよりもリスクは小さいと考えています。

※ただ先物はハイリスクハイリターン商品です。ハイリスクハイリターン商品の中でも手堅く運用している為、安定した収益を出せています。詳しくは下記リンクからどうぞ▼

もう1つは利回りの高さです。筆者は500万円~1000万円で運用することが多いですがそれでいて年間300万円~500万円を稼ぐことが出来るのは驚異の利回りを誇っていると思います。

先物投資のデメリット

上級者向けであることです。先物投資を行うには、先物オプション口座の開設が必須です。ただ先物オプション口座の開設には審査があり、投資歴が全く無い人は弾かれる傾向にあります。

また先物投資は怪物の巣窟と表現されます。株式市場は素人投資家の集まりです。今日デビューした投資家から10年以上のベテラン投資家までが戦場に集まるイメージです。

ただ先物市場は投資歴が豊富なしかも百戦錬磨の投資家ばかりが集う戦場です。素人投資家が中途半端な知識で乗り込むと一瞬にして資金を失くしてしまいます。※機関投資家や外国人投資家が圧倒的に多い。

更に、先物投資は証拠金取引なので借金まで落ち込む可能性があることもデメリットの1つと言えます。

商品先物投資

トウモロコシ(コーン)や大豆といった穀物からゴールドやプラチナといった貴金属、ガソリンを作る原油などの実際に存在する商品をメインに売買されるのが商品先物投資です。

商品先物投資はCFDと呼ばれる口座で売買が可能です。CFDはContract For Differenceを略したものです。意味は差金決済です。

商品先物投資のメリット

銘柄にもよりますが不労所得を作ることが出来るのが商品先物投資の魅力です。当サイトの人気記事にも掲載がある下記の記事では筆者の不労所得金額を実際の写真と共に公開しています。

株や国債、先物は目に見えないものですが、不動産や商品は目に見えるものですよね。2020年に投資家の間でブームとなった原油投資だってガソリン価格と関係しているので、身近な存在として覚えやすいのも特徴的です。

商品先物投資のデメリット

ハッキリ言うと難しいです。筆者は先物とこの商品先物(CFD)を専業としている為、当サイトでは多くの情報を掲載していますが、かなり量は多いです。

例えばこれは米国VIという銘柄について売買方法を詳細に解説したものですが、これ1枚で1万字以上あります。当然、これだけでは完結せず、その他の記事も鑑みると合計で5万字はあると思います。5万字は原稿用紙125枚分もあります。※原油はもっとあります。

たった1銘柄だけでそれ程の情報量を必要としますから、覚えることは山ほどあります。

2020年に原油ブームとなりましたが、それまで原油を取引したことが無い投資家が大半だった為、大損した人が続出したのも事実です。しっかりと勉強しましょう・・・。

預金

これは言うまでも無いですが、銀行預金のことです。

預金のメリット

お金が減らないことです。お金そのものは減りませんが価値は変動するので注意が必要です。当然ながらローリスク商品に部類されています。

預金のデメリット

お金の価値が減ることです。例えばアフリカのジンバブエは国家がハイパーインフレになったことでお金の価値が無くなってしまった国です。(100兆ジンバブエドル紙幣が発行されましたが価値は1円以下。そして使用そのものが今は出来ないようです。)

何から投資したらいいの?

続いては今紹介した金融商品の中で何から投資をしたらいいか?です。選ぶ基準としては3つあります。

基準1.時間軸

あなたが学生なのか?社会人なのか?主婦なのか?時間をどれだけ自由に使えるかが重要です。社会人でもスマホをロッカーに入れないといけない方もいれば四六時中スマホを触れる方もいます。

どれだけ投資に時間を使えるか?これはとても重要な部分です。

基準2.お金

いくら投資金を用意できるのか?です。10万円と1000万円では運用方法に遥かな違いがあります。1000万円の運用資金を用意した人に10万円の投資法を教えても的外れでしょう。

基準3.経験

最後は経験値です。いくらお金があって、いくら時間を自由に使えても勉強不足や経験が少なければ間違った運用をしてしまい兼ねません。正しい知識を持っているかどうかは非常に重要な部分です。

投資先時間軸お金経験
不動産投資極少
FX極多
株式投資
国債投資極少
投資信託
先物投資
商品先物投資
預金極少

この表を作った筆者が思うのも変な話ですが、かなり良く出来た指標だと思います。まさにこの通りです。是非参考にしてみてください。

いくら用意すればいいの?

株式投資は100万円は欲しいところですが、それ以外でしたら10万円以上あれば半分以上のことは出来ますし、50万円以上あれば9割以上のことが出来ると思います。

投資と聞くと凄く大金を用意しなければならないイメージがありますが、その必要はありません。僅かな金額でも十分投資自体は出来ます。ただ稼ぐことにフォーカスを向けると300万円以上は最低限必要でしょう。

当サイトでは毎月1日に運用レポートを発行しています。この運用レポートを見ながら投資を行えば誰でも簡単に資産運用が可能になっています。

完全無料かつ会員登録も一切不要なのでお気軽にご利用頂けますよ!

合わせて読みたい