CFD,米国VI

VIX指数歴代2位の急騰!一攫千金を狙うなら本当に今しかない!!

米国VIとはVIX指数を金融商品化したものでGMOクリック証券独自の呼び方をしています。(IG証券ではボラティリティ指数)米国VI(ボラティリティ指数)は非常にユニークな値動きをしており取引機会の最中にトレードすることで比較的簡単かつ高利回りで収益を獲得出来る運用銘柄になっています。

米国VI(ボラティリティ指数)の運用方法についてまだよく分からない方や口座開設方法などその全貌を約1万字で構成された初心者記事を上記で公開しています。制作時間は約8時間でみっちりと仕上げたので是非ご確認ください!

取引停止中!?

昨年当サイトで米国VIの取引方法を解説した記事をいくつかアップロードしたところ大きな反響を獲得しました。トータル10万PVくらい?ありました。実際に取引した方も大勢いらっしゃると思います。去年はGMOクリック証券で取引を推奨していましたが、現在GMOクリック証券では米国VIの取引規制が続いており待てど暮らせど一向に解除されません。

そこでイギリスの証券会社で日本にも拠点を持っているIG証券で米国VIの取引が可能になっておりそちらでの口座開設及び取引を推奨いたします。尚、IG証券では米国VIでは無く、ボラティリティ指数という呼び方をしています。呼び方は違いますが、中身は全く同じなので心配無用です。

筆者も口座開設は面倒なので、GMOクリック証券の取引規制解除を待っていましたが全然解除されずVIX指数はみるみるうちに上昇していくのでそろそろ建てたいと思いIG証券の口座開設を申請しました。

IG証券はレスポンスが悪い?

IG証券に口座開設を申し込むと「既に口座開設済みです。」との表示が出ました。いつの間にか開設していた様です。記憶にあるような無いようなと曖昧ですが、IDとパスワードは全く覚えていないので再設定のメールを送りました。

しかし1週間経っても2週間待ってもIG証券から返信がありません。私は最初にメールで問い合わせましたが、連絡が無かったので電話しました。ですので再設定される方は、いきなり電話での問い合わせをお勧めします。

出典:IG証券

まだIG証券の口座開設が済んでいない方はとりあえずIG証券の口座を開設して、全て申請し終わったら再びこの記事を読み返してみてください。口座開設には多くの時間を要します。善は急げです!

どれぐらい稼げるの?

現在のボラティリティ指数の値は53.43ドルです。この価格で取引した場合でロスカットレートを65.00ドルに設定。65ドルに到達することなくボラティリティ指数の値が収縮した場合の利回りは268.2%です。

シミュレーションですが、約1,000万円を以下の条件で投資するとします。

  • 平均建単価53.43ドルで売り建て
  • ロスカットレートを65.00ドルに設定
  • 変動値は10.66ドル
  • 最終決済単価を13.00ドルに設定(指値)

すると、利益は約2,680万円になります!!!

もちろん1,000万円も用意する必要はありません。100万円でも取引できますし、10万円でも可能です。30万円を用意した場合で同条件だと、利益は約80万円とそれでも高額利益ですね!

価格調整額を狙おう!

価格調整額の説明は上記記事で詳しく解説しています。簡単に言うと、前月と今月の価格の穴埋めです。この価格がまた大きくて決済利益の10%前後もあるんです。必ずしも価格調整額を受け取れる訳ではありませんが、12ヶ月全て受け取れると決済利益額に相当します。そしてこれは半永久的に継続して受け取ることが出来ます。

つまり30万円をボラティリティ指数に投資すると、価格調整額を毎年80万円前後受け取れるんですね。30万円投資するだけで年収が80万円もUPするということです。

もちろん1,000万円を投資すれば年収2600万円アップです。もはやこれだけで生活が出来るレベルです。そのチャンスが今(2020年3月15日現在)既に到来しているんですよ!!ワクワクしますね・・・!!!

必ず勝てる!!…訳では無い。

直ぐにでも有り金全部突っ込みたいという気持ちになったと思いますが、それはオススメ出来ません。なぜなら上記試算結果はロスカットレートを65ドルに設定しているからです。

もちろん65ドルへの到達なんて相当な出来事です。まずありえないですが、リーマンショックの時はこれを軽々と越していました。コロナショックはリーマンショック以上とも言われていることから65ドルを超える可能性は決して低くは無いのです。

設定ロスカットレート以上にボラティリティ指数が上昇してしまった場合、損失を被ってしまいます。ですので1番はロスカットレートを上回らない様に設定することです。

ロスカットレートを100ドルに設定?

リーマンショックの時はVIX指数は最大で89.53ドルまで高値を付けています。これがVIX指数の歴史の中で最も大きく上昇した値です。ですので100ドルにロスカットレートを設定することは利益に変わる可能性は極めて高いと言えます。

但し、リーマンショック時のVIX指数を超えないとは必ずしも言い切れない為、100ドルでも絶対ではありません。そのことに注意してください。

ちなみにロスカットレートを100ドルに設定した場合で80万円の利益を目指す為には95万円以上を用意する必要があります。(上記条件の場合)

お勧めの設定方法

筆者がロスカットレートを設定する時は建単価時の+10ドルを先ずはロスカットレートに設定します。次に建単価時より5ドル上昇したらその都度+5ドルのロスカットレート引き上げを行います。1日に5ドル以上動くことは珍しい為です。(但し、最近は本当に異常で1日に10ドル、15ドルも動くこともあります)

常に余力を確保し、都度ロスカットレートを引き上げていく。そしてVIX指数が縮小していった時に余っている余力資金で追加購入していくんです。平均単価は下がりますが多くの数量を持つことが出来るので結果的に多くの利益を獲得することが出来ます。

ただこれは毎日相場を見張っている人がやる行為ですので、忙しいビジネスマンや主婦の方は最初から大きくロスカットレートを引き上げて100ドルに設定した方が無難でいいかもしれません。

それでも今の相場100ドルを超える可能性もあるので、チラ見程度でも毎日チェックする必要はあります。

100ドルまでは到達しない??

筆者の私見ですが、ボラティリティ指数は100ドルまで到達しないと思っています。せいぜい70ドル、最大でも80ドルぐらいじゃないかと思っています。

理由としては以下の通りです。

  • コロナショックはもう終わっている?
  • コロナウィルスの抗体が見つかった!?
  • 問題は原油安
  • ドイツ銀行のデフォルト情報(デマ)

現在、世界指数は大暴落しています。この暴落はリーマンショックに匹敵するレベルで日経平均株価もピーク時から数えると30%安です。引き金は中国の武漢で発生したコウモリ菌であるコロナウィルスによる経済麻痺ですが、経済麻痺による下げはもう終わっていて既に次のステップに移っていると思っています。

ところが世界中で感染者が続々と出てきておりニューヨーク州が緊急事態宣言を行うなどコロナウィルス関連のネガティブニュースが後を絶たないことから多くのアナリストはコロナショックだと語っています。

先日放送されたビジネス情報番組でも「コロナウィルスでの経済損失が~」とそう感じざるを得ない状態にありました。

しかしリーマンショックは金融危機ですが、コロナウィルスは金融危機ではありません。つまり状況が回復すれば株価の戻りも早いのです。後に引っ張るような事案ではありません。

コロナウィルスの抗体が見つかった!?

https://www.erasmusmagazine.nl/en/2020/03/14/unique-discovery-in-erasmus-mc-antibody-against-corona/

上記サイトでは、オランダで著名な生物学者がコロナウィルスの抗体を見つけたと報じています。コロナ感染の検出と予防に効果的であるとし、同時に世界初の発見でもあると語っています。

ただまだヒトでテストするテスト前段階でこれには数ヶ月要するとも語っていますが、遅くとも2020年冬にはコロナウィルスに対する対抗策は流通しているでしょう。

問題は解決策が見つかったということです。コロナの問題が解決すれば株価の戻りは早いと見るならば株価は先行して値を戻す。そう考えればヒトへのテストも終わる夏頃には株価は戻り始めるのではないかと思っています。

他にも原油安やドイツ銀行など株価に対するネガティブ材料はありますが、ひとまずこの記事ではこれくらいにしておきます。また別の記事で直近経済に対するまとめを掲載しておきますので、合わせてご確認くださいますようお願い申し上げます。

投資は自己責任でお願いします。

VIX指数への投資は非常に高確率かつ高利回りの運用方法です。リスクとリターンは比例していますが、VIX投資に限りリスクとリターンは比例しないと思っているほどです。

しかしそれもタラレバの話でロスカットレートの設定が最大のキモであり重要事項です。ロスカットレートを下に設定しすぎると大損してしまいますので、十分ご注意ください。

特にVIX投資が初めての方は、「先ずは利益」を念頭にロスカットレートに十分の余裕を持って設定するよう心掛けてみてください!

万が一でもVIX投資で損失を被ってしまっても弊社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

合わせて読みたい