その他,資産運用

学生こそ投資をすべき!元学生投資家で現役の投資家が教える投資方法

筆者は高校生の頃から株式投資をはじめ大学生の頃には投資収益で生計を立てていました。(大学では学生寮で生活)大学を卒業後は金融機関のディーリング部に入社し技を磨き、現在も投資収益で生計を立てています。

そんな私が思うのは「学生だからこそ投資をしろ!」です。私が学生の頃はネット証券が流行りだして間もない時だったので稼ぎやすかったのは事実。しかし今は多くの有益情報が無料で手に入る時代です。それを活かして運用してみてはいかがでしょうか?

本記事で学べる内容

➢男子にオススメの投資法を紹介

➢女子にオススメの投資法を紹介

➢大学生にオススメの投資法を紹介

何を目的とするか?

投資を学ぶにあたって何を目指していますか?「投資収益で生計を立ててみたい」や「お小遣い程度で十分だ」もしくは「金融業界に就職したいから経験値を稼ぎたい」色々あると思います。

ただ目的によって投資対象はガラリと変わってきます。ここに気付くかどうかだけで数百万円、数年単位で他者との差が開いてしまいます。

投資収益で生計を立ててみたい

筆者は今でこそ投資収益で生計を立てていますが、まさか自分がこうなるとは思ってもみませんでした。学生の頃は学生寮で寮費が月1万円だったこともあり、月10万円も稼げば十分でした。

「投資収益で生計を立てられる人はごく僅か」という時代は20年前の話です。実際、筆者の周りにはゴロゴロいます。ただ誰しもがそこを目指した訳では無く、まずは副業から始めています。

もう少し目標を落としてまずは月利1%、月間利益5万円を目指してみましょう。

投資収益でお小遣いが欲しい

こういったニーズであれば本記事は抜群です。いきなり大きな目標に向かって走るのではなく、小さな目標に向かって前進しましょう。

月々3万円~5万円であれば比較的はやく到達することが出来ます。これはとても自信があるからです。

金融業界に就職したい

これはとても良い考えです。筆者の卒業大学はお世辞にも偏差値が高いとは言えませんでした。しかし就職した会社の同僚はみんな国立大学出身のエリートばかりでした。圧倒的に離れた学力。でもそれを補ってくれたのが投資経験だったんですね。

実際、金融機関に働いてみると「学生のうちから金融の勉強をしていました」っていう人は少なからずいます。新卒で入ってきた後輩がそういう人物だと特に可愛がられる傾向にあります。

証券アナリストを取得するのもアリですが、実際にお金を投資した経験っていうのは物凄い大きな存在になるんです。

好きなものを見つけよう

投資と言っても様々な種類があります。どれを選択するかで勉強する内容は違ってきますし、掛ける金額も変わってきます。得られるリターンも違います。

下記の記事で詳しく纏めてあるので投資の種類が定まっていない方はこちらをご覧ください。

学生を相手にオススメするとすれば「株式投資」または「先物投資」。勉強目的であれば「FX」がオススメです。FXはFX会社では通用しても銀行や証券会社では通用しないんじゃないか?と思われる方もいると思いますが、そんなことはありません。

銀行でも証券会社でも為替の知識は重宝されます。「FXで毎月〇〇円の収益を獲得していました。」と言えるだけでかなり高評価です。

これは過大評価ではなく、僕が在籍していたディーリング部でも「投資経験ある新卒がくるらしい・・・。」とざわついたこともありました。

元手はどうするか?

非常に重要な課題ですね。

筆者は物欲が今も昔も全く無いのでバイト代が気付いたら貯まっていてそれを元手に株で増やすことに成功しました。

シンプルに貯金

やはり貯金から入ることをお勧めします。100万を200万にするのは簡単でも0万を100万にするのは投資では不可能です。

まずはアルバイトで稼いで貯金。アルバイトの経験は将来必ず生きてきます。現在、日本で何億円も毎年稼いでいる著名な投資家も学生時代はコンビニでレジ打ちをしていました。

出資家を探す

筆者は1度Twitterでダイレクトメールを貰った方に50万円を渡したことがあります。「彼は投資家になりたいからディーリングを教えてほしい。でもお金が無い。」とのこと。

熱意があったので50万円を渡しましたが、それ以来姿を見せなくなってしまいました。残念でしたがそういうリスクも考えて渡したので仕方なしです。

ただ50万円をそのまま運用していれば10倍以上に出来た可能性があるだけに勿体無いなという気持ちです。

才能あれば5万円で十分

いくら用意するか?ですが、5万円を用意してスキャルピングトレードでコツコツ増やしていけば50万円~100万円には届くとおもいます。スキャルピングトレードの方法は下記リンクで紹介しています。

100万円からランクが上がる

スキャルピングトレードは運用手法が確立しているんです。非常に簡単で単純な売買なので誰もが同じことをやってるんですね。マリオカートをプレイしているような感覚です。特別な装備があるわけではない。才能の差でトップにもなるし、最下位にもなり得るんです。

ですので才能があれば5万円を50万円、100万円は直ぐに到達します。でも100万円から一気に難しくなるんです。スキャルピングトレードは1度に大量の株数を発注します。1,000株とか2,000株を買って1円、2円上昇したら売るを繰り返す。

この株数が多くなるにつれて捌ききれなくなってくる。ここが難しい。実際、1,000株以下での売買なら簡単ですよ。

オススメの投資【女子編】

投資は男のイメージが謎にあります。それはきっと活躍している人がみんな男性だからだと思います。でも考え方からいけば女性の方が向いていると思います。

先ほど紹介したスキャルピングトレードは男性向けです。というのもかなりリスクを負って前に出るタイプの運用法なので、女性はもっと堅実的な方法を好む傾向にあると思っています。

上記リンクでは当サイトが推奨している運用法に合致した銘柄を毎月1日に定期配信しているBuzzBull Reportというサービスの案内です。

本レポートを見ながら運用すれば誰でも簡単に資産運用が可能になっていますし、毎日パソコンの前に張り付くような真似はしなくても大丈夫です。

投資収益だけで生活できるような収益は期待出来ませんが、毎月の食費や家賃程度の収入は期待しても良いでしょう。

こちらは少し専門性が増すので勉強時間を割く必要がありますが、勉強しながら貯金も出来る方はこちらも検討してみてください。

オススメの投資【大学生編】

大学生は時間に余裕を持った方が多いと思うので、こちらをお勧めしたいと思います。勉強時間は必要ですが、とても高確率かつ高利回りな運用益が期待できます。

またこの知識は社会人になった後でも十分に通用する運用法ですので是非覚えておいてください。

恐らく勝率と利回りの高さの2つだけを競う投資法があればこの投資方法は上位もしくは1位を獲得できるかもしれません。それ程までに魅力的な投資法です。

ただ時間が非常に掛かるデメリットも備えています。もしかしたら勉強をしたはいいけど、「使う機会の無いまま大学生活が終わってしまった!」という場合も有り得ます。そういった場合は社会人になってから機会があると思うので、そこで活用してみてください。

大学生のうちから取り入れれば年収200~300万円アップは十分現実的な投資方法です。

オススメの投資【不労所得編】

学生のうちから不労所得収入を月々5万円でも作っておくと将来、本当に役に立ちます。不労所得と聞くと怪しいビジネス話や富裕層だけの特権に聞こえますが、実は簡単な方法で作れます。

参考:SBI証券

これは大手ネット証券のSBI証券が発行しているSBI債の商品ページにあったものを拝借しました。最低10万円から投資が可能で、2年後には元本が返ってきますし、半年に1度年0.3%の利率分を受け取ることが出来ます

超ローリスク・超ローリターンの金融商品と言えるでしょう。この様にリスクがほとんどない投資も存在し、それでいてしっかり定期的に収益を獲得できるのです。

▲詳しくはこちらで解説してあります。全部で6種類の不労所得方法を解説しています。是非ご参考にしてみてください。

まとめ

学生のうちから投資を始めることは本当に良いことです。特に金融業界へ就職を希望する学生は損失であっても経験は糧となり活かすことが出来ます。

投資=ギャンブルという世間の冷たいイメージもありますが、2019年の金融庁2000万円問題を皮切りに緩和ムードが進んでいます。是非とも今のうちに投資を始めて周囲に差をつけてみて下さい。

合わせて読みたい