その他

簡単!証券会社の選び方

全国にある証券会社の数は2018年末の段階で322社も存在します。それだけ多くの証券会社があるとどれを選べばいいか分からないですよね。そこでBuzzBullが厳選するオススメの証券会社の中から更に目的別で分かる自分に合う証券会社が何かをご紹介します!

<目次>

1.株の取引をしてみたい方

2.オプション取引をしてみたい方

3.世界中の商品に投資してみたい方

1.株の取引をしてみたい方

自分で株式投資をしてみたい人は証券総合口座を開設して株式投資をしましょう!(証券総合口座とは株式投資をする専用の口座で証券会社で作るものです)BuzzBullではサイト維持を投資収益で運営していますが株取引で収益を狙う場合もあります。株取引は短い期間で大きな利益が狙えたり、長い期間で固く利益を取りにいくことができるなど汎用性が高いのも特徴です。

手数料重視の方は、DMM.com証券

全証券会社の中で断トツに手数料の安いのがDMM.com証券です。更に証券総合口座と一緒に信用口座も開設すれば3ヶ月間手数料が無料になります。

ビジュアル重視の方は、SBI証券

パソコンやスマホアプリで取引をする際により分かりやすく操作が簡単な方がいい方はSBI証券がオススメです。個人投資家でもSBI証券を利用している人は多く、口座開設数もネット証券でNo.1です!

サービスで選ぶなら、松井証券

松井証券は度々個人投資家のイベントを開いている印象があり、投資をはじめたばかりの人からも定評があります。またプレミアム空売りなど他の証券会社では行えない方法が使えるのも特徴です。

機械を使って取引がしたいなら、楽天証券

楽天証券が提供しているMARKETSPEED IIではアルゴ注文が行えます。アルゴ注文とは機械の力を使って取引が出来る方法で、現在では金融機関もアルゴ注文を取り入れているところがあるほど。これを個人投資家が使えるとのことで私個人的にはこれが登場した際にみんな楽天証券を使うんじゃないかと思ったほどです。

機械を自分で組み立てて取引がしたいなら、マネックス証券

楽天証券では既に完成されたアルゴ注文を使うことが出来ますが、マネックス証券のトレードステーションでは自分でシステムを作り上げることが出来ます。プログラミングと似ており、ITと金融の専門知識を必要とすることもあって難易度は高めですがとても自由度の高いシステムトレードが可能です。

分析力で選ぶなら、カブドットコム証券

カブドットコム証券はMUFG(三菱UFJグループ)です。同社で証券口座を開設すると、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のアナリストが分析したレポートを無料で取得することが可能です。日本が誇る大手のアナリストが分析しているので、例え長年投資を経験してきている人が周囲にいても有力な情報になり得ます。

2.オプション取引をしてみたい方

株式投資の中にはオプションと呼ばれる権利を売買する取引方法があります。オプションを売買することで、よりテクニカルな取引が出来るようになります。BuzzBullではオプション取引を定期的に行っており、株式投資同様に汎用性も高いです。しかし株式投資の知識は必要ですので、株取引に慣れた方でステップアップしたい方は是非オプション取引をオススメします。更にBuzzBullでは毎週オプション取引の個別銘柄情報を無料で公開しています!(無料会員限定記事)

オプション取引では証券会社ごとで目立つ大差はありません。オプションの手数料ではGMOクリック証券が最も安く約定代金に対して0.15%です。しかしSBI証券と松井証券、カブドットコム証券の手数料は約定代金に対して0.216%でオプション取引では高額ですがその差0.066%(約定代金が100万円だと1,500円と2,160円の差)と大きくはありません。

高額取引を行う予定の方は、GMOクリック証券

国内の証券会社の中でオプション手数料が最も安いのがGMOクリック証券です。手数料で選ぶならGMOクリック証券ですし、数千万円や数億円といった高額投資予定の方は0.001%でも安い手数料を選ぶべきでしょう。

大手で選ぶなら、SBI証券

オプション取引においても業界最大手はSBI証券です。「オプションシミュレーター」や「損益シミュレーション」など損益計算も容易で取引画面も見やすく分かりやすいのはさすがです。しかし手数料は高く約定代金に対する0.216%です。(高いと言ってもあまり変わらないですが・・・。)

3.世界中の商品に投資してみたい方

外国株や世界中の指数、原油や金さらにはコーンなどの穀物にまで投資が行えるのが魅力のCFD。経済ニュース番組でコーンや大豆の値段が流れたのを目にしたことはありませんか?あれはCFD取引の情報です。少しでも興味があればCFD口座を開設し、取引を行ってみましょう。BuzzBullでも年に数ヶ月間は狙ってCFD投資を行い収益を狙っています。

CFD口座は多くの証券会社で取扱いがありますが、VIX指数を絡めた投資商品が行えることや手数料が無料であることを踏まえるとGMOクリック証券がオススメです。

株式取引とオプション取引、CFD取引の方法やテクニックは本サイト上でいくつかまとめているので参考までにご確認いただけると嬉しいです。このほかにもIPOや投資信託といった方法での資産運用もオススメしています。

IPOは当選が難しいものの、ほぼ確実に利益が残りますし投資信託もプロが運用してくれるので利益になる可能性が高いです。私自身、学生のときに投資信託を購入し金銭面でも勉強面でもお世話になった記憶があります。

今回ご紹介したのはほんの一部でまた簡易的です。まだまだ詳しい情報を今後も掲載予定ですので気になる方は他のコンテンツもチェックしてみてください!

合わせて読みたい