ストーリー

【第13章】合成オプション

オプショントレードの具体的な儲け方について学びたいな

そろそろ言う頃だと思っていたよ

それじゃ、実践的な儲け方について学んでいくよ!

この先はオプションの基礎知識を分かっていることが前提となります。本章を進む前にまだ基礎知識について理解の乏しい方は前章以降に戻って理解を深めてから読み進めることをオススメします。

バーティカル・ブル・コール・スプレッド

コールオプションを売ると、どんな条件が付いてきたか覚えているかな?

利益限定・損失無限大!

そう正解!損失無限大というのは原資産が売った権利行使価格を超えて上昇した分だけ損失するというものだったね。

コールオプションについてはこちら(第3章)

コールオプションの属性についてはこちら(第4章)

コールオプションについて分からない人はこのリンクから覚えていってね

ところが合成オプションにすることで利益限定・損失限定にすることが可能なんだ

合成オプション?利益も損失も限定できるならそっちの方がいいじゃん!

合成オプションというのは複数のオプションを組み合わせてひとつの損益図にすることだよ

通常のコールオプションよりも得られる利益は低下するけど、損失が限定されている分もしもの保険を掛けることが出来る。僕はこっちの方がオススメだよ!

これが損益図だよ

オプションの損益図についてはこちら

うへぁ・・。難しそう

全然難しくないよ!

まず、上の図を見て欲しい。太字の線がコールの買い、点線がコールの売り

コールの買いとコールの売りが登場しているね!

そう。同じ限月異なる権利行使価格コールを買い売りのセットで持つことでバーティカル・ブル・コール・スプレッドを合成することが出来る。

簡単に言うと、同じ有効期限のコールを売買するんだ。OTMのコールを売って、売ったコールよりもOTMのコールを買うんだ。まあ実際の取引画面を使って見てみよう。

※参考:現在の日経平均株価:20,014円

例えばこのコールオプションを売るんだ。そうするといくら利益が出るかな?

現値が190円になっているから190円かな?

※現値で約定した場合

そうだね。でもこのまま日経平均株価が22,000円まで急上昇してしまったらどうなるかな?

1,500円(150万円)も損しちゃうね・・・。でも最初に190円(19万円)貰ってるから1,310円(131万円)が損失だね!それでも大金だけど・・・。

そう。そしてここから更にコールオプションを買うことで合成オプションが作れる

例えばこのコールオプションを買うんだ

さっきとどう違うのかな?

権利行使価格が違うよ!権利行使価格が違うから当然、現値も違うよ

2つのコールオプションの権利行使価格と現値を並べてみよう

①こっちを売って

②こっちを買う

どちらも19年01限月だから同じ限月(有効期限)だね

損益

20,500円を190円で売って、20,750円を120円で買うから差額70円が利益になるんだ。これが最大利益だよ!具体的にしてみよう

日経平均株価が19,000円になった場合、次の様になる。

利益パターンだね

①20,500円のコールオプションを売った場合の損益
はじめに貰った190円の利益のみ

②20,750円のコールオプションを買った場合の損益
はじめに支払った120円の損失のみ

①+② = 70円の利益

日経平均株価が22,000円になった場合、次の様になる。

今度は損失パターンだね

①:20,500円のコールオプションを売った場合の損益
はじめに貰った190円の利益と日経平均株価が上昇することで発生する1,500円の損失
差額:1,310円の損失

②:20,750円のコールオプションを買った場合の損益
はじめに支払った120円の損失と日経平均株価が上昇することで発生する1,250円の利益
差額:1,130円の利益

①+② = 180円の損失

例え日経平均株価が23,000円になっても同様だよ

①:20,500円のコールオプションを売った場合の損益
はじめに貰った190円の利益と日経平均株価が上昇することで発生する2,500円の損失
差額:2,310円の損失

②:20,750円のコールオプションを買った場合の損益
はじめに支払った120円の損失と日経平均株価が上昇することで発生する2,250円の利益
差額:2,130円の利益

①+② = 180円の損失

本当だ!!

どれだけ原資産価格が上昇して売ったコールオプションで大損失を被っても買ったコールオプションの利益があるから損失額が限定されるんだ。

これが利益も損失も限定できる合成オプション戦略だよ!

実際にコールオプションの買いで利益が出る(保険が成功する)確率はかなり低いけど、保険を掛けておくことで株価が急上昇した際にも大きな損失が出ない。これほどまでに素晴らしい戦略はないと思うんだ

買いの権利行使価格と売りの権利行使価格の差はどれぐらいがいいの?

自由に決めていいよ!この差が開けば開くほど最初に貰える利益は大きくなるけど、最大損失も増えてしまう。そのあたりを自分で調整して決めていいんだ。

オススメは今回みたいに少しの差で組むことだよ

でもコールオプションの買い(保険)が発動する可能性が低いんだったらコールオプションの売りだけでいいんじゃないかな?

コールオプションの売りは1度の失敗で取り返しのつかないことになる可能性があるんだ。僕も経験したトランプ大統領選挙後の日経平均株価を見てみよう

僕はヒラリーが当選すると思ったし、大統領選挙は荒れると思った。だから大統領選挙が終わってから1限月先のオプションを売ろうと思ったんだ。ところが2016年の米国大統領選挙ではトランプ大統領が選ばれ日経平均株価は1,031円以上の暴落したんだ。

トランプ大統領はヒール扱いだったからコールオプションを売ったんだけど、NYダウは僕をあざ笑う様に上昇し、これを受けて日経平均株価も反発したんだ。

このときコールオプションの売りの損失で2,000円(200万円)以上損したんだ・・・。しかも複数枚売っていたから高級車1台分くらい損したよ

ひええ・・・

この時の損失でそれまでコールオプションの売りで得ていた利益の全てを失ってしまったんだよ

たらればだけど、コールオプションを買ってバーティカル・ブル・コール・スプレッドの合成ポジションを組んでおけば利益は今も積み上がっていたんだ。

だから万が一を考えるのは非常に大事だよ

毎回バーティカル・ブル・コール・スプレッドを続ければ必ず儲かるというわけではないけれど、少なくともコールオプションだけを売るよりも長期的に見れば利益が残るんじゃないかな

交通事故にはいつも気を付けているし、火事にもいつも細心の注意を払っているのに車両保険にも火災保険にも入るよね!だから保険を掛けることはとても大事なんだ

確かに数万円の利益を取りにいって何百万も損しちゃったら立ち直れないかも・・・

そうだと思う。非常に稀な確率で起こる損失のことなんて常に考えてないからね。考えていない状況でそんな損失が起こったら立ち直れなくなると思う。

確かに・・。考えれば考えるほど怖いね・・。でももっと合成オプションのことが知りたくなったかも

そうだね!じゃあ次の章では代表的な合成オプションを紹介するぞお

【第14章】買いの合成ポジションで稼ぐ

【第12章】IV(Implied volatility)

合わせて読みたい