市況情報

2019年6月18日(火)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は反落。

本日の日経平均株価は前日比151.29円低い20,972.71円で取引を終了。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な売買が手控えられ、朝方は小安くスタート。その後、狭いレンジでもみあっていましたがドル円が108円前半まで下落すると、日経平均も下げ幅を拡大しました。終値ベースで2万1000円を割り込んだのは6月7日以来。東証1部の売買代金が2営業日連続で2兆円割れとなるなど、薄商いが続いている。

朝方は108円台までドル円/円高が進行。オーストラリア準備銀行(RBA)が公表した6月理事会の議事要旨で今後追加金融緩和が適切になる可能性の方が高いとの認識が示され豪ドル/円が下落、ドル/円にも影響が波及しました。米長期金利が低下したこともドル安要因となりました。

そしてTOPIXは前日比0.72%安で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり307銘柄、値下がり1781銘柄、変わらず55銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.医薬品2661-0.01%
2.その他製品2635-0.10%
3.パルプ・紙509-0.12%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.電気・ガス業404-2.91%
2.鉱業261-1.67%
3.精密機器6439-1.58%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ26112.53+22.92+0.09%26951.8121712.53
S&P5002889.67+2.69+0.09%2940.912346.58
FTSETM1007394.40+37.09+0.50%7205.076599.48
香港ハンセン27498.77+271.61+1.00%28533.3624896.87
上海総合指数2890.16+2.54+0.09%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10566.74+36.20+0.34%11261.689319.28
WTI原油先物51.66-0.27-0.52%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい