市況情報

2019年6月17日(月)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は小幅に続伸。

本日の日経平均株価は前日比7.11円高い21,124.00円で取引を終了。

先週末の米国株市場で半導体関連が下落した流れを引き継ぎ、東京エレクトロン、アドバンテストなどが売られて安く始まりました。その後大規模デモの影響が懸念された香港ハンセン指数が高く始まると安心感が広がりました。

為替の円安も支えとなりプラス圏に浮上しましたが、午後は重要イベントを控えて様子見ムードが強まる展開となりました。

そしてTOPIXは前日比0.45%安で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり570銘柄、値下がり1483銘柄、変わらず90銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.鉱業266+0.86%
2.水産・農林業534+0.53%
3..海運業227+0.40%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.電気・ガス業416-1.38%
2.鉄鋼406-1.07%
3.ガラス・土石製品963-1.03%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ26089.61-17.16-0.07%26951.8121712.53
S&P5002886.98-4.66-0.16%2940.912346.58
FTSETM1007349.72+3.94+0.05%7205.076599.48
香港ハンセン27227.16+108.81+0.40%28533.3624896.87
上海総合指数2887.62+5.65+0.20%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10530.54+5.87+0.06%11261.689319.28
WTI原油先物52.25-0.26-0.50%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい