市況情報

2019年6月11日(火)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は続伸。

本日の日経平均株価は前日比69.86円高い21,204円で取引を終了。

利益確定的な売りでマイナス圏からのスタートとなったものの、政策期待は根強く、すぐにプラス圏へ浮上しました。景気や企業業績の減速警戒感は根強いが、為替がやや円安気味に推移したことも輸出株などの買い安心感につながりました。中国政府による投資保進策が好感され、建機など関連株がしっかり。

中国政府は10日、地方政府が特別債で調達した資金を資本として、インフラなど主要な投資計画に充てることを承認しました。米国との貿易摩擦による影響が出始めていますが、投資保進策の強化で景気を下支えする考えと見られています。

そしてTOPIXは前日比%高で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり1368銘柄、値下がり676銘柄、変わらず97銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.鉱業266+2.64%
2.証券・商品先物業293+2.49%
3.銀行業141+1.23%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.陸運業2308-0.71%
2.倉庫・運輸関連業1643-0.51%
3.精密機器6592-0.30%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ26062.68+78.74+0.30%26951.8121712.53
S&P5002886.73+13.39+0.47%2940.912346.58
FTSETM1007406.83+31.29+0.42%7205.076599.48
香港ハンセン27789.34+210.70+0.76%28533.3624896.87
上海総合指数2925.72+73.59+2.58%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10607.76+41.29+0.39%11261.689319.28
WTI原油先物53.67+0.41+0.77%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい