市況情報

2019年6月6日(木)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は小反落。

本日の日経平均株価は前日比2.06円低い20774.04円で取引を終了。

指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>やソフトバンクグループ<9984.T>などが買われ、プラス圏で推移する時間が長くなりましたが、前日大幅高の反動もあり大引けにかけて利益確定売りに押されました。米国とメキシコによる移民・制裁関税を巡る協議や、週末の米雇用統計などを見極めたいとして様子見姿勢の投資家が多く売買は低迷。日経平均は終日狭いレンジで推移しました。

そしてTOPIXは前日比0.34%低で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり649銘柄、値下がり1400銘柄、変わらず92銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.空運業295+0.98%
2.情報・通信業3581+0.85%
3.ゴム製品3020+0.69%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.鉱業253-2.10%
2.石油・石炭製品1091-1.99%
3.鉄鋼402-1.71%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ25539.57+207.39+0.82%26951.8121712.53
S&P5002826.15+22.88+0.82%2940.912346.58
FTSETM1007263.49+43.27+0.60%7205.076599.48
香港ハンセン26965.28+69.84+0.26%28533.3624896.87
上海総合指数2827.80-33.62-1.17%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10409.20-52.42-0.50%11261.689319.28
WTI原油先物51.69+0.01+0.02%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい