市況情報

2019年5月17日(金)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は大幅続伸。

本日の日経平均株価は前日比187.11円高い21,250.09円で取引を終了。

前日の米国株高や円安方向に振れた為替の動きを好感し、朝方から買いが先行。海外短期筋による株価指数先物の買い戻しも相場を押し上げた。前日に自社株買いを発表したソニー<6758.T>が大幅高となったことも追い風になりました。日経平均は一時300円超高となりましたが、後場は中国株の軟調推移や円安一服を背景に伸び悩む展開となりました。中国関連株の一角が売られたことも重しになりました。

個別銘柄では、ソニー<6758.T>が大幅高い。
自社株買いや米マイクロソフトとの提携などが材料視された。ソニーとマイクロソフトは16日、クラウドゲームなどで戦略的提携を終結したと発表。加えて自己保有株を除く発行済み株式総数の4.8%にあたる6000万株、取得総額2000億円を上限とする自社株買いを実施すると発表。今年2回目の自社株買いがサプライズとなりました。株価は前日比9.89%高い5,900円を付けました。

そしてTOPIXは前日比%高で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり1705銘柄、値下がり377銘柄、変わらず58銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.石油・石炭製品1210+2.86%
2.その他製品2716+1.78%
3.情報・通信業3603+1.67%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.水産・農林業547-0.98%
2.空運業299-0.37%
3.電気・ガス業424-0.27%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ25862.68+214.66+0.84%26951.8121712.53
S&P5002876.32+25.36+0.89%2940.912346.58
FTSETM1007338.24-15.27-0.21%7205.076599.48
香港ハンセン27946.46-328.61-1.16%28533.3624896.87
上海総合指数2882.30-73.41-2.48%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10384.11-90.50-0.86%11261.689319.28
WTI原油先物63.30+0.43+0.68%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい