市況情報

2019年5月10日(金)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は5日連続の下落。

本日の日経平均株価は前日比57.21円低い21,344.92円で取引を終了。

トランプ大統領が週内の米中通商合意は可能との認識を示したことで、朝方は株価指数先物を買い戻す動きが先行。米中通商協議は継続との報道が出る中、上海株が上げ幅を拡大したことも支えになりました。ですが、米国の対中関税引き上げ期限となる日本時間午後1時01分ごろが接近すると投機筋の先物売りが出て後場から下げに転じる展開となりました。

個別銘柄では、日本ユニシス<8056.T>が大幅高。
前日9日に、19年3月期の好決算と20年3月期の増益見通しを発表。株価は前日比17.31%高い3,280円を付けました。

一方、パナソニック<6752.T>は続落。
前日9日に、20年3月期(国際会計基準)の連結純利益が前年比29.6%減の2000億円になるとの見通しを発表。事業構造改革費用などが響き、市場予想を超える大幅減益予想を嫌気する売りが優勢でした。株価は前日比6,50%安い916円を付けました。

そしてTOPIXは前日比0.08%安で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり1055銘柄、値下がり1004銘柄、変わらず81銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.医薬品2784+1.46%
2.石油・石炭製品1155+1.39%
3.電気・ガス業421+0.92%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.非鉄金属830-1.24%
2.精密機器6485-1.17%
3.食料品1691-0.94%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ25828.36-138.97-0.54%26951.8121712.53
S&P5002870.72-8.70-0.30%2940.912346.58
FTSETM1007207.41-63.59-0.87%7205.076599.48
香港ハンセン28579.48+268.41+0.95%28533.3624896.87
上海総合指数2905.64+54.69+1.92%2729.462440.91
FTSE中国18786.05-466.77-2.42%19480.3217124.49
台湾加権指数10712.99-20.68-0.19%11261.689319.28
WTI原油先物61.92+0.22+0.36%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい