市況情報

2019年7月1日(月)の日本株式市場の動向まとめ

日経平均は反落。

本日の日経平均株価は前日比454.05円高い21,729.97円で取引を終了。

米中首脳会談が市場の期待通りの結果となったほかトランプ大統領が米企業によるファーウェイへの部品供給の一部を認める方針を示したこともポジティブサプライズとして受け止められました。朝方から半導体・電子部品株がほぼ全面高となり、設備投資関連株なども買われました。

週末の米中首脳会談では通商協議の再開が決まり、米国は第4弾の対中追加関税の発動を当面先送りすると表明しました。予想通りの結果となりましたが、米中対立がひとまず緩和したことで市場に安心感が広がりました。

終値では454円高いで今年3番目の上げ幅となりました。

そしてTOPIXは前日比2.17%%高で取引を終了。東証1部の騰落数は、値上がり2010銘柄、値下がり108銘柄、変わらず30銘柄でした。

セクター別では以下の通り。

値上がりポイント上昇率
1.海運業255+3.80%
2.金属製品1048+3.21%
3.電気機器2300+3.13%

続いて値下がり率トップ3です。

値下がりポイント下落率
1.パルプ・紙529+1.06%
2.食料品1699+1.08%
3.繊維製品648+1.28%

海外市場指数一覧

指数価格前日比前日比%52週高値52週安値
NYダウ26599.96+73.38+0.28%26951.8121712.53
S&P5002941.76+16.84+0.58%2940.912346.58
FTSETM1007493.79+68.16+0.92%7205.076599.48
香港ハンセン28542.62-78.80-0.28%28533.3624896.87
上海総合指数3044.90+66.02+2.22%2729.462440.91
FTSE中国19480.3217124.49
台湾加権指数10895.46+164.63+1.53%11261.689319.28
WTI原油先物60.11+1.64+2.80%

※アジア市場は日本市場の取引終了時点での価格の為目安としてお考え下さい。

合わせて読みたい