詳しく学ぶ

固く投資で利益を稼ぐ方法

※この記事は先物オプション取引の知識が必要です。先物オプション取引についての知識が不十分の方は、ホームに戻って先物オプションカテゴリから先物オプションストーリーをご覧になるか下記リンクから先物オプションストーリー第1章からご覧ください。

先物オプションストーリ-はこちら

Weekly OPを使った投資戦略

先物オプション取引には週単位で取引されているWeekly OPと、月単位で取引されているMonthly OPの2つがあります。このうち週単位で取引されるWeekly OPを使うことで毎週利益を獲得することを目指すものです。
同一限月の異なる権利行使価格のロングポジションとショートポジションを持つことで合成オプション「バーティカル・ブル(ベア)・コール(プット)・スプレッド」を作成し、利益を狙います。
この合成オプションは第13章でも紹介していますが、利益と損失を限定することで致命傷となる損失を避けることができるものです。

第13章で紹介した方法を更に掘り下げていくよ

過去データを使った未来予想

JPX(日本取引所グループ)ではWeeklyオプションの過去データを公開しています。この過去データは更新され続けていますが、先日集計したデータによると直近WeeklyオプションのSQ値を参考にATMに+250円加えた価格でショートポジションを取った場合の成功率は約68%という驚きの結果が出ました。(+250~-2,000円の中に納まる可能性)ATMに近いオプションのプレミアムは高いので、これをショートすることで高い利益を狙うことができます。

損益シミュレーション

100万円で月42万円の利益?

今回のポジションでは売りによる利益が520,000円即座に発生し同時に買いによる損失が335,000円発生することで差額分の185,000円を獲得できます。これに必要な最低証拠金の金額は753,600円でした。(証拠金には余裕を持った方がいいので、約100万円としました)

この185,000円は日経平均株価が+250円以内で済んだ場合に貰えます。250円以上上昇すると上昇分(上昇値×1,000円)の損失が発生しますが250円高いオプションを買うことで最大損失は25万円です。ですが最大損失分を被っても最初に売りの利益があるため差額の65,000円が損失です。(但し今回の週の場合でこれが継続するわけではない)

毎回この金額になることはありませんが仮にこれを100回続けた場合に得られる利益は12,580,000円で発生する損失は2,080,000円です。差し引いた10,500,000円が利益となりこれを100週で割った金額が10万5千円、1週間は月に4回あるので月42万円の利益が狙えます。もちろん数字は異なりますがこれに近い数字は期待できるのではないかと思っています。

注意点

1.プレミアムは同額ではない。

同じことを繰り返してしまいますが、プレミアムは同額ではないので毎週必ず185,000円が利益となるわけではありません。

2.最初に損失が発生する場合もある。

損失が発生する確率は約32%です(過去データ上で2018年11月までの141週分)ので、いきなり損失からはじまる場合もあります。100回続けることで利益に変わる可能性がありますが、最初に損失が続くことで投資金が無くならないように注意が必要です。

3.時間縛りがある。

プレミアムはタイムディケイでも減額されていくものなので、はやいうちにポジションを設定する必要があります。もしもポジション設定のタイミングが遅れた場合は直近WeeklyオプションのSQ価格ではなく、直近の日経平均株価を参考にする必要があります。

4.買いは必ず行うように

バーティカル・スプレッドはオプションを買うことでリスクヘッジすることが可能です。そしてこの買いのポジションが発動する確率はとても低いので、発動しない週が続くと買いを控えたくなると思います。しかし買いを挟むことがもしもの時に役立つ言わば保険の役割になるので必ず売りと買いはセットで行いましょう。

5.発注は成行がオススメ

注文を出す際は指値ではなく成行で行うようにしましょう。指値だと買いの値段と売りの値段に差が開いてしまう可能性があります。成行だとその差も僅かなものになるのでお勧めです。

合成オプションはまだまだオススメのポジションが多数あります。自身でも試行錯誤しながら合成オプションを組むのも楽しいと思います!今回ご紹介した合成オプションは非常にオススメで私自身もよく使う戦略なので是非ご自身の運用に役立ててみてください。

※本記事で紹介した運用方法を使って発生する損益の帰属先は投資家自身です。BuzzBullはいかなる責任も負いかねますので、自身の取引は自己責任でどうぞよろしくお願いいたします。

合わせて読みたい