FX

FXのタイムスケジュールについて徹底解説!

為替市場は土日を除いて24時間開いていますが、その中身には様々な時間的節目があります。それを理解しておくことが為替市場の攻略に繋がってきます。

そこで本ページでは、為替市場における1日のタイムテーブルをご紹介します。ただ単にその時間に何があるかだけではなく、時間帯別に主要通貨ペアの値動きの特徴も記しておきました。

  1. 東京・アジア市場(9:00〜15:00)
    1. 仲値に向けた取引(9:00〜9:55)
    2. 仲値公示から昼休みまで(9:55〜12:00)
    3. 東京昼休みから15時まで(12:00〜15:00)
  2. 欧州、ロンドン時間(夏時間15:00〜21:30、冬時間16:00〜22:30)
    1. 大陸勢参入(夏15:00〜16:00、冬16:00〜17:00)
    2. ロンドン参入、ロンパチ(夏16:00〜17:00、冬17:00〜18:00)
    3. ニューヨーク参入まで(夏17:00〜21:30、冬18:00〜22:30)
  3. ニューヨーク勢参入からロンドンフィックスまで(夏21:30or22:00〜0:00、冬22:30or23:00〜1:00)
    1. NYオプションカット(夏23:00、冬0:00)
    2. ロンドンフィックス(夏0:00〜冬1:00)
  4. ロンドンフィックス後から日本時間朝まで(夏0:00〜9:00、冬1:00〜9:00)
    1. ニューヨーク午後からアメリカ閉場まで。
    2. オセアニア時間(夏6:00〜9:00、冬5:00〜9:00)
  5. 最後に

東京・アジア市場(9:00〜15:00)

日本時間の9時に東京市場が開きます。一般的にこの時間から「東京時間」と呼ばれる時間帯が始まります。

そこから中国やシンガポールといったアジアの資金も順次参加してきますが、基本的には東京勢がドル円相場を動かしているように感じます。

また、ユーロドルやポンドドルはこの時間帯は小動きで推移する事が多いです。ですのでこの時間帯はドル円を取引するのが基本となります。

では、以下で具体的な東京時間の中身を見ていきましょう。

仲値に向けた取引(9:00〜9:55)

9時に東京市場が開き、そこから東京勢の取引がドル円を中心に開始されるわけですが、彼らは基本的に9時55分に公示される「仲値」を一旦の目標とします。

仲値というのは、簡単に言えば「その日1日の取引レート」の事です。銀行はこの仲値が決まるまでに手元に不足している今後企業との取引に必要なドルを一気に買い上げます。

ですからこの時間帯はドルを買う強い需要が起きやすいと言えます。ただし、そもそも銀行が既に充分なドルを持っている場合はこの需要は起きません。この辺りはある程度推測する事も出来なくもありませんが、蓋を開けてみないと分からない部分が出てきてしまいます。

また銀行によるドル買い需要が起きやすい日にちもあります。いわゆる「五十日(5、10、15、20、25、30日)」の事です。

この五十日に日本企業は決済用のドルを買う傾向が非常に強く、それを見越して銀行は大量にドルを用意することがあります。ですからドル買い需要がかなり起きやすいと言えるでしょう。

仲値公示から昼休みまで(9:55〜12:00)

9時55分の仲値公示が、ドル円相場における一つの山場と言えます。この時間にはそれまでドルを買い上げた銀行が買いすぎたドルを一気に決済する傾向があります。この9時55分でそれまで仲値に向けて上昇した相場が一旦下落する事が多いのです。日によってはそれまでの上昇分を一度に全て戻したり、更に倍戻しのような動きもあります。

そうこうしているうちに10時になるわけですが、この辺りの時間帯からアジアの資金も入り出します。ですがそこまで特徴的な値動きをする事は少なく、レンジにしろトレンドにしろ、比較的緩やかな値動きをする傾向があります。

東京昼休みから15時まで(12:00〜15:00)

この時間帯はレンジ相場になる事が多いです。特筆する事は特にありませんが、午前中に株が下落していると日銀のETF買いがよく発生し、それに伴ってドル円相場が影響される事があります。

15時になると東京市場の時間は終了になります。

欧州、ロンドン時間(夏時間15:00〜21:30、冬時間16:00〜22:30)

この時間帯から欧州勢が参戦し、取引に厚みが加わります。ここからユーロドルやポンドドルといった欧州通貨が急激に動き出す傾向が強く、この時間帯から参戦される個人トレーダーも多いです。

またドル円に関しても東京時間と変わらずそれなりに動きます。

大陸勢参入(夏15:00〜16:00、冬16:00〜17:00)

ユーロドルとポンドドル相場はこの時間から始まると言っても過言ではありません。ヨーロッパ大陸の市場が開き、それまでの緩慢な値動きとは打って変わり、急激にボラティリティが拡大する傾向があります。日によってはかなり乱高下する事もあるため、トレーダーは慎重になる必要があります。

ロンドン参入、ロンパチ(夏16:00〜17:00、冬17:00〜18:00)

この時間が欧州時間の大きな節目となっています。世界最大の為替市場であるロンドン市場のオープンです。

この時間から大口の取引が入り始め、ドル円相場も新しい値動きを開始する傾向があります。

よく言われるのが「東京全否定」と呼ばれる、東京市場で起きていたトレンドがひっくり返る値動きです。これによりアジア勢のストップを付け、利益を得ようとする輩がいるとの事ですが、筆者はそこまでハッキリとは分からないです。東京のトレンドが変わらずそのまま順行することも普通にあるため、私は東京勢の被害妄想だと勝手に思っています。

ニューヨーク参入まで(夏17:00〜21:30、冬18:00〜22:30)

この時間帯は特筆する節目はありません。比較的緩やかに動く傾向がありますが、ボラティリティはかなりあります。場合によってはレンジとなり、ニューヨーク勢の参入を待つことになります。

ニューヨーク勢参入からロンドンフィックスまで(夏21:30or22:00〜0:00、冬22:30or23:00〜1:00)

この辺りからニューヨーク勢が参入を始め、更にはロンドン市場もまだ開いているため、1日で最も活況を見せる時間帯となります。「黄金の時間帯」とも呼ばれます。

値動きとしては、通貨ペアを問わず非常にダイナミックで激しい動きをする傾向があります。

また、本ページでは詳しい事は割愛しますが、この時間帯でアメリカの経済指標が発表される日が多く、これらの経済指標の結果によっては、とんでもない動きをする事があります。

経済指標ついて詳しくはこちら

ちなみにニューヨーク勢の参戦時間は欧州勢よりも少し曖昧な傾向があります。ですので上記の時間はあくまでも目安です。

NYオプションカット(夏23:00、冬0:00)

比較的派手に動くことの多い黄金の時間帯ですが、このNYオプションカットまでは、オプションの影響によりレンジ相場となる事もあります。レンジ相場とは値動きが一定の範囲で上下することで稼ぎにくく損失が発生しやすい場所です。

オプションが値動きにどのような影響を及ぼすかですが、簡単に言えば「マグネット」がある状態となります。

例えばドル円で100円の地点に大きなオプションがある場合は、この地点が値動きの中心部となり、そこから上下に乖離してもマグネットのある方向に押し戻されやすいという事です。

また、このようなオプションがある場合「オプションカットまで絶対に〇〇円より上に行かせたくない」または「オプションカットまで絶対に〇〇円より下に行かせたくない」というような目的を持った勢力が登場する事もあり、オプション付近で奇妙な値動きをする場合があります。

そして、このオプションが失効するのがNYオプションカットの時間です。

オプションが失効すると、それまでオプション絡みの理由で売買をしていた勢力が決済をするため、このNYオプションカットから、新しい値動きが始まる事があります。

ロンドンフィックス(夏0:00〜冬1:00)

為替市場の1日の中で最後の節目がこのロンドンフィックスとなります。

ここではフィックスと呼ばれる日本でいう仲値のようなものがロンドンであり、この時間に向けて大口の取引が持ち込まれる傾向があります。

また、比較的レンジで推移しやすいユーロポンドが急に動意付いたりもします。

とはいえ、既にニューヨーク勢が参入した後であり、そこまで激しく動くことは稀です。なんとなく「フィックス関連かな?」という値動きはありますが、そこからトレンドを作りに行くような日は少ないように思います。

基本的には、ここが1日の値動きの総決算となる地点となるため、この後から大きく相場が動くことは少ないのですが・・・

ロンドンフィックス後から日本時間朝まで(夏0:00〜9:00、冬1:00〜9:00)

ロンドンフィックスが終了するとロンドン勢はほぼ居なくなり、ここからオセアニア時間までニューヨーク勢が単独で相場を動かしますが、基本的にはレンジ相場となります。

ですが相場の地合いによっては投機筋が本気を出してくるのか、時折非常に特徴的なトレンド相場が発生します。

ニューヨーク午後からアメリカ閉場まで。

おおよそ午前2時から3時の辺り(この辺りは厳密ではないです)にニューヨークが午後に差し掛かるあたりでも値動きが一方向に進み続け、非常に大きく相場が変動する事があります。

この時間帯のトレンドの傾向として、押し戻しがほとんどなくダラダラと一方向に動き続けるというものがあります。明らかに投機系の人達が目標値まで無理矢理資金を投資している印象があります。いかにもアメリカらしい、よく言えば力強く、悪く言えばいい加減な動きをします。

また、アメリカの株式市場がこの時間も開いているため、株価の推移が市場で注目されている場合は株価に沿ってドル円相場が比較的大きく変動します。

アメリカの閉場は夏時間が午前5時で、冬時間が午前6時です。先程言ったような特徴的なトレンド相場はこの時間までに終了する事が大半です。

オセアニア時間(夏6:00〜9:00、冬5:00〜9:00)

オセアニア時間はアメリカ市場が終わり、次の東京市場が開くまでの「つなぎ」のような時間です。ニュージーランドとオーストラリアの市場がオープンしています。

非常に閑散とした時間帯ですので、基本的には値動きのない時間帯と言えます。

ですがニュージーランドドルとオーストラリアドルに関してはこの時間帯に要人発言や経済指標が発表される事があるため、大きく変動する場合があります。

また、流動性の低い相場であるために時折妙な乱高下が起きる事があります。基本的にこの時間帯にポジションを新規で持つのは少し危険と言えるでしょう。

最後に

このタイムテーブルで示した値動きの特徴はあくまでもそういう傾向があるというだけであり絶対にそのような値動きをするわけではありません。また日によっては要人発言や重要な経済指標があります。そうした場合はその時間が重要な節目となるので重要経済指標は経済カレンダーなどでいつもチェックしてみてください。

重要経済指標と経済カレンダーの見方はこちら

合わせて読みたい