FX

FXで損しない方法

FXは他の投資に比べ始めやすく大変人気があります。その一方で軽い気持ちで取引してしまい損失で終わってしまう人も少なくありません。また投資家の中にはレバレッジをたくさん掛けてしまいそれと重なって数年に1度の大きな経済ショックに巻き込まれることで取り返しのつかない大損に被ることもあります。

そこで本章では金融機関で取引経験の豊富な筆者がFX投資で損失する確率を軽減させる方法をご紹介いたします。私はこの記事に書いてあることを意識することで継続して利益を生み出すことに成功しました。

現在FXで損が出ている方やこれからFXをはじめようと考えているすべての方に見ていただいて自身の投資生活に役立ててほしいと思っています。

  1. レバレッジを調整する。
  2. 特定の手法に固執しすぎない
  3. 勝率にこだわる
  4. 自分の力で挑戦する
  5. まとめ

レバレッジを調整する。

まずは基本ですがレバレッジを調整することです。FXは最大25倍までのレバレッジを掛けることが可能ですが常に25倍で取引する人も少なくありません。これは非常に危険行為であると言えます。

FX投資では他の投資には無い高レバレッジというのが最大の特徴とも言えますがこれの意味を履き違えることで大きな損失へと転落してしまうでしょう。例えばトルコリラ・スワップポイント運用における単独買いでは為替差益を狙うよりも金利収益を狙うものなのでレバレッジは2~3倍が妥当です。しかしトルコリラ・スワップポイント運用の両建てでは為替変動リスクを消滅させているのでレバレッジは25倍と高くても問題はありません。

トルコリラ・スワップポイント【超!安定運用方法】

こういった取引方法(スタイル)によって掛けるレバレッジを自分で調整させる必要があります。基本となる考えでは保有期間が長ければ長いほどレバレッジは低くしていきますがそれでも20倍を超えるレバレッジは上記トルコリラ・スワップポイント運用の両建ての様な限定されたもので、どれだけ多くても10倍と決めておくのがいいです。

私は昔、常にレバレッジを高くして取引していた時期がありました。しかしこれだとなかなか利益は貯まりません。利益が貯まらないだけならまだしも損失が膨らんでしまいます。

理由としては非常に単純です。まず利益と損失それぞれ同じ値で決済してもスプレッド(手数料)が膨らんで損失が高く計上されてしまうということ。そしてもう1つは人間は含み益は直ぐに確定してしまいますが含み損は引っ張ってしまう傾向にあります。

これはカジノやパチンコなどのギャンブル場でも同じ原理が働いています。勝っている人は大きく分けて2パターンに分かれます。1つは直ぐに満足して帰るパターンともう1つは「もっと稼ぎたい」と欲張って継続してしまうパターンです。

これはいずれにせよ負ける様に出来ています。直ぐに満足して帰る人は次回再び挑戦して失敗してしまう。成功よりも失敗の確率の方が高ければ回数をこなす程にその確率も上がりますし、金額も増えてしまいます。欲張ってしまう人も同じ理由です。

そこで大事になってくるのは勝てると踏んだ場合にはレバレッジを高めて取引をする。通常の取引では2~3倍程度に留めておき、少しでも損しそうだと自信がない場合は取引をしない。様子を見る。こういった切り替えが重要になってきます。

ここでも注意があって、通常の取引が仮にレバレッジ3倍だとそのレバレッジに慣れてしまい2倍に下げることは出来ても4倍、5倍に上げることが出来なくなってしまいます。これはシステム上そういうった問題が起こる訳ではなく、精神面で恐怖を感じてしまいます。これは熟練の投資家でもたまに起こる症状ですが克服すれば損益パフォーマンスは向上すると思われます。

特定の手法に固執しすぎない

私は「この運用方法はかなり自信がある。」という術をいくつか持っています。例えばトルコリラ・スワップポイント運用の両建てなどです。これだけでも生計を立てることは可能ですが投資資金が少ないとそれも難しいです。投資資金を数千万円~数億円といった莫大な資金を持っているなら安定運用でもいいかもしれません。しかし少額資金で運用する場合は様々な手法をたくさん持って多方面で運用することが重要です。

超安定方法による運用

普段行う裁定取引

システムトレード

ハイリスク・ハイリターンによる運用

例えばこういった様に様々な投資を組み合わせることで収益を狙おうとするものです。実際に私も普段は先物取引やFX取引で収益を稼ぎながらシステムトレードを継続して運用しておりチャンスが到来したタイミングでVIを投資しています。これだけでも年間1,000万円近い金額を稼ぐことが可能です。

資金配分ですが短期間で資産を形成させようと思えばハイリスク運用に掛ける割合を高くすればいいでしょう。今回ご紹介しているVI投資はハイリスク運用に置いていますが記事に書いてある内容をしっかりと落とし込めればローリスクまで下げることは十分可能です。

FXを副業程度で考えている方にとっては投資金が数万円からでも十分に利益を狙うことは可能ですが、上記運用方法の全てを取り入れようとするならば4つの取引で最低でも20万円は欲しいところです。

先ほどの写真に最低資金(推奨資金)を付けた足したものです。合計で19万円ですがこれはあくまでも最低ですので当然これよりも2~3倍多い方がいいでしょう。ただ20万円用紙してこれだけ取り入れても月平均5千円~1万円くらいの副収入は狙えます。

愛知県名古屋市ある当オフィスでは無料で投資相談も受け付けています!お気軽にご相談ください。

BuzzBullの無料投資相談

BuzzBullでは今回ご紹介した投資方法の他にも様々な運用方法を掲載しております。また随時新しい運用方法も更新していく予定です。

勝率にこだわる

手法そのものの勝率もさることながら自身の取引勝率にもこだわりを持ちましょう。最低でも勝率は65%以上無ければ運用は推奨できません。また勝率の計算方法は過去データを用いて調べることが可能です。過去データなどが無い場合は複数回シミュレーショントレードを試みて確率をあげていくことをおすすめします。各証券(FX)会社ではシミュレーショントレードを無料開放している会社もあるのでそういったものを利用するといいでしょう。

この過去データを用いての検証は非常に重要です。私が所属していた金融機関の運用部でも過去データを用いた検証結果が優れていなければその運用方法を実践する許可が降りませんでした。しかし反対に検証結果が良好であれば何億でも資金解放が与えられて運用することが出来たのです。

何億、何十億といった資金提供を運用のプロ組織が認める程の信用性が過去データを使ったシミュレーションにはあるということになります。シミュレーショントレードだけでなく表計算ソフトやメモ帳に損益結果を綴る(実際はこっちの方が多い)のもオススメです。

私は80%の確率で100万円を獲得できる投資法と99%の確率で1万円を獲得できる投資法の2つがあれば迷わず99%の確率で1万円を取りに行きます。投資経験者であれば多くの方が私と同じ選択を取るでしょうが投資初心者の多くは前者を選択する場合がとても多いです。性別で言えば男性は前者、女性は後者になる傾向もあります。

しかし80%の確率で100万円を選ぶ人がダメかと言えばそうではありません。かく言う私もその一人でした。脳を投資家脳に切り替えていくことが本当に大事です。その投資脳への切り替え方法は【少しでも確率の高い方を選択する】ことで段々と切り替えが可能です。難しいのはその中でも時として大きく投資する場面が求められることです。しかし副業程度であればそういったリスクを取る必要もなく常に安定を求めて投資をするだけで十分でしょう。

自分の力で挑戦する

Twitterでは簡単に著名な投資家を探すことが可能です。また各証券会社が行っているキャンペーンでも何億も稼いでいる投資家が出演します。彼らは自分の判断で投資を行っており誰かから指示を受けて取引していることはありません。

しかし投資の世界では残念なことに高額な料金を請求して投資術を教えようとする違法業者が後を絶たず、その被害額は毎年億を超えます。誰か信用できる人からでも『絶対に儲かる』といった甘い言葉で誘惑があれば必ず断るようにしましょう。

投資の世界には【絶対】などありえません。これに類似する言葉を使う業者はほぼ100%違法業者なので注意しましょう。証券会社やFX会社の営業社員で「絶対」とか「100%」と言う人はいません。これを口にしてしまうと大問題になり職を失いかねません。

私も含めて投資で生計を立てている周囲の投資家で誰かに頼って投資をしている人はおらず、みんな自分の力で取引しています。但し情報交換などは積極的に他の投資家と交わしてスキルアップを目指していきましょう。

周囲にFXや株といった投資をしている人がいなければTwitterで調べれば簡単に見つかることが出来ますが、違法業者も数多く点在しているので十分注意しましょう。違法業者かどうかの見極めに大事なポイントは2つ。1つは有料か無料か?でもう1つは法人格を有しているかどうかです。

また上記で紹介したように断定的な言葉を使う場合にはすぐに連絡を断ちましょう。

まとめ

・レバレッジを調整して時として大きく勝負する場面も必要。

副業程度であれば安全性を最優先する。

・特定の手法に固執せず幅広い運用を実践する。

・1%でも高い勝率にこだわりを持つ。

・他人に頼らずに自分の力で挑戦する。

違法業者と連絡を取らない。

合わせて読みたい