株式投資

たった1つ意識するだけで格段に投資が上手くなりました

投資の世界

私は学生の頃にテレビの影響を受けて株式投資をはじめました。その後、投資信託や為替、先物取引、オプション取引などを経験しました。金融機関で億単位のお金も動かしました。10年以上投資の世界に身を置きながらもやはり損失してしまうことは多々ありますし、利益が出ても伸び悩むこともあります。しかしそんな時こそ思い出すことがあるんです。

儲けたい気持ちを捨てる

私が成績で伸び悩んでいるときがありました。株式投資にしてもFXにしても何をやっても鳴かず飛ばずで自分の思う方向とは逆に動く状態が何度も発生しました。いわゆるスランプってやつです。

このときはがむしゃらに投資本を読み漁っていましたが、結果は改善されずに身近にいる月に何千万も稼ぐトレーダーのEさんに相談しました。そこで返ってきた返事は「お前は儲けようとしているから損するんだよ。投資はゲームと思って楽しめばいいんだ。」と言われました。

儲けようと思って株式投資をはじめたのに、儲けるなというのは少し難しい話に思いましたが、確かにそれまではポジションを持つと「あと少しで10万円の利益だ。」とか「今日3万円以上の利益で今月100万円だ・・。」とか、こういうことを思う日は大体損失していたことに気付きました。

楽しむ

抽象的ですが株式投資にしてもFXにしても先物取引にしても楽しむことで取引が上手くいくようになりました。私の「楽しむ」とは少し異なりますが、株や先物で230億円稼いだcisさんも「投資はギャンブル感覚」と話しているように「仕事」とか「金儲け」と思ってやると上手くいかないんだと思います。

簡単に言えば利益だったらいいと思って取引することをオススメします。〇〇万円儲けようとかそういう気持ちは一切捨ててプラスが出たらそれは勝ちを意味することなので、そこで喜ぶ。これを繰り返すんです。

メンタルが大事

金融機関の運用部に配属された際に「投資に役立つ本」として書籍を30~40冊ほど渡されました。このうち取引に直結するものは2~3冊で残りは心理系の本とか精神維持の本とかそういうメンタル本です。

取引の本は四季報の読み方や分析方法が書いてある本とチャートの見方くらいでした。他にもあった気がしますが基礎本です。私は就職前から株取引をしており知っている知識ばっかだったので取引本は読みませんでしたが、メンタル本はとても読みました。

意外と大事です!

これは身近な周りの方から相談を受けたときに必ず話しています。「儲けようと思わない方がいいです。」と、儲けようと思ってないので変にリスクを取ったポジションを持つこともないですしリスクヘッジもしっかりと組めます。

最初のうちはこれまで利益を取ろうとしていたこともあり含み益が出ると気持ちがぶれることがあります。しかし何度も言い聞かせます。私はこれを聞いてから何度も忘れ何度も思い返しています。いまでも時折忘れるときがあります。忘れるというのは儲けたい欲に駆られることです。

これを意識しておくと損切りも早くなるんです。損益で判断してるわけではなく勝ち負けで考えているので含み損を抱えて自分の考える損失ポイントに達したらすぐに損失を確定できます。ずるずると引きずることも無く、スパッと切れるようになりました。これが出来ない人って本当に多くて投資で損している人の90%以上は損切りができないイメージです。

この「儲けようと思わない」という心構えを呪文の様に毎日取引前に繰り返し思ううちに徐々にですが含み益は増えていきますし、損切りも本当に早くなります。そしてそれらが積み重なって利益が生まれます。
とても大事なことなので今日からでも唱えてみてください。簡単なことなのに効果が凄いですよね?でもこれ簡単そうに見えてかなり難しいんです。思うだけじゃない、脳の中から意識して変えていくんです。早ければその日から効果を実感できますよ!

合わせて読みたい