株式投資

ポートフォリオを構築してみよう!

ポートフォリオとは

投資の世界に限ったことではありませんが、投資を行うにあたってポートフォリオは非常に重要なものです。投資の世界におけるポートフォリオというのは、自分の資産配分を決めるということです。この資産配分には現金預金や不動産も含まれますが、自分自身が現在保有している物の中から決めて近い将来獲得しようとするものも含めて計算してみましょう。

ポートフォリオに組み入れるもの

上記にもありますが、ポートフォリオには「現金預金」や「株式」、「投資信託」、「不動産」、「外貨」、「商品(CFD)」、「デリバティブ」など金融商品を組み合わせて構築していきます。

これらの配分を多くしたり少なくすることで安定的に資産を増やす方向で投資を行うのかそれとも損失する可能性を大きく取って資産をどんどん増やす方向で投資するのかなど投資の方向性を決めていきます。

このポートフォリオを事前に組んでおくことでポジション保有に自信と余裕が生まれて投資効率は格段に向上するでしょう。

安定型重視

日本人に多いのが安定性重視の思考です。とにかく損失が怖く、微益でいいから安定した利益を求める方はこの安定性重視のポートフォリオ構成を参考にして自身のポートフォリオ構築に役立ててください!

現金預金と投資信託を多めに設定するのが安定性重視ポートフォリオではオススメの構築内容です。しかし最近の日本は物価や税率の上昇も著しいので必ずしも現金預金が安定かと言われればそうではありません。

ですのでもう少し投資信託にシフトを重めに設定してもいいかもしれませんし、先物OPの広めのOTMショートに資金を多くまわしてもいいかもしれません。

先物OPについてはこちら

あまり価格変動が起こり難いものを積極的に採用することで安定性重視のポートフォリオが構築できます!

バランス型ポートフォリオ

安定性を取りつつも利益も狙えるポートフォリオがこちらです!安定性重視のポートフォリオと比べて現金預金の割合をぐっと下げて投資信託と株式、商品(CFD)、先物OPなどの割合を微妙に増やしています。

管理が大変と思う方は、商品(CFD)と先物OPの割合を合わせてもいいと思います!また不動産を持っていない方は投資信託の割合を増やしてみてはいかがでしょうか?

価格変動が著しい金融商品と価格変動の少ない金融商品の割合を1:1で持つことでバランスの取れたポートフォリオに設定することが可能です。

少しずつでも積極的に資産を増やしていきたい方にはオススメです!

積極型ポートフォリオ

安定性に優れたものが投資信託だけというこちらのポートフォリオでは積極的に利益を狙っていく形になっています。

現金預金と不動産が全くありません。代わりに株式と先物OP、商品(CFD)の割合がとても多くなっています。証拠金取引の割合が全体の半分を超えていることや1日で20%以上の価格変動を持っている株式の比重が多いことから短期間で資産が数倍になる可能性を持つと同時に短期間で資産が溶けてしまう可能性も持っています。

この積極型ポートフォリオを組む場合、必ず余裕資金で行うことと少額で行うこと。全部失っても問題ないと思える方なら採用してもいいでしょう。

最後に

今回ご紹介したポートフォリオはほんの一例です。株式投資しかしたことが無い方で色々と紹介されても分からないという方はまずは投資信託をはじめてみるとか現金預金の比重を多くして株式の割合を少なくしてみるとか色々と工夫しながらポートフォリオを考えてみてください!

「安定型ポートフォリオにしたいけど、投資経験があまりないから分からない」といった具合で既にポートフォリオの方向性が定まっている方で資産配分を迷っている方はお問い合わせフォームよりBuzzBullにご相談頂ければ参考程度のアドバイスが可能です!

但し、投資を強く推奨するものではありません。投資は自己責任でどうぞよろしくお願いいたします。

合わせて読みたい