株式投資

株式投資で買いと売りのポイントが分からない人へ

頭と尻尾はくれてやれ

株式投資の歴史は古く、今なお語り継がれているのが歴代の大物投資家達の格言です。このうちの1つが「頭と尻尾はくれてやれ」です。焼き魚を例にして言うと、大勢の人が食べる部分はお腹に付いている身の部分で頭と尾は食べずに捨てます。これと同じで株式投資をする場合、高値と安値を狙わずに中間部分だけを狙って売買しましょう。というものです。

高値と底値を狙うことは不可能

株式投資の相談事で多いのが底値で買う方法や高値で売り抜ける方法ですが、これを狙って売買している投資家で成功している人はおそらくこの世にいません。底値高値を狙うことは非常に難しく、取引が終わってみたら買った場所が底値だった。売った場所が高値だったということはたまにあります。

特に底値で買うことは別の格言にある「落ちてくるナイフはつかむな」にも該当しますが非常にリスキーです。下落途中の株を買うと、買った地点はまだ中間地点でそのまま底値まで連れていかれる可能性があることを意味しています。

地面に刺さったナイフを掴め

買う場所は下落途中では無く、下落が終わったら買うのがオススメです。下落が終わるとすぐに上昇に転換することはあまりありません。通常は下落後しばらく停滞しながらもじわじわと右肩上がりに上昇。ある日、大きな出来高を伴い上昇に転じる。あるいは更なる下落に転じる。という動きをします。

仮に下落後すぐに上昇に転じたとしてもそういう株はすぐにまた下落する確率も高いのでこういう短期間で大きな上下を繰り返すボラティリティの高い株は売買自体を避けた方が無難でしょう。但し、スキャルピングトレードには向いているといえます。

この時、下落中に買っていたら大きく損をしてしまいます。しかし下落後の停滞時に買っている人は大きく利益を得ています。保有していない株が下落しているとその反発を狙って買いたくなりますが、ぐっと我慢して落ちきったら売買しましょう。

満足決済で売る

買いのポイントよりも難しいのは売りのポイントです。含み損が出ている時はその損失を確定したくない気持ちから損切りが遅れたり含み益が出ている状態でも欲が更に出て反応が遅れます。これは誰しもが持っているものなので、恥ずかしいことではありません。含み損が出ている場合は直ぐに決済しましょう。損切りについて詳しく学びたい方は別の記事を読んでみてください!証券会社の運用部で働く先輩社員からの教えを書いています。

一方で含み益が出ている場合は、自分の満足する価格で決済してしまいましょう。その場合、最初に決めておきます。「3,000円儲かったら売ろう」とか「10,000円儲かったら御の字だな」と頭の中で考えておきます。事前に指値でその利益帯で注文を出しておくのもオススメです。

ただ実際に3,000円や10,000円の含み益に到達した時点でも「まだ上がるはず・・」と欲を出すと思わぬ反落に巻き込まれて結局損失。というのも珍しい話ではありません。投資の有名な格言で「もうはまだなり、まだはもうなり」というのがあります。自分がまだ上がると思った時点はもう上がらない場所で、「もうそろそろ上がるかな」と思った場所はまだ買い場所じゃないというもの。

今回ご紹介した3つの格言を意識しておくだけで株式投資の成績は向上するでしょうし、買う場所や売る場所もこれらを徹底すれば成績は向上するはずです!ぜひ、自身のトレードに取り入れてみてください。

~今回ご紹介した投資の格言~

  • 頭と尻尾はくれてやれ
  • 落ちてくるナイフはつかむな
  • もうはまだなり、まだはもうなり

合わせて読みたい