株式投資

株価と増益の話

増益

企業は様々な営業努力を行うことで利益を稼いでいます。また利益にはいくつか種類があります。それら利益が増加することを増益と言いますが、広く一般的には税引き後利益が増加すること言います。またその他の利益が増益した場合は、それぞれの名前を使用します。

営業利益(損失)

売上総利益は売上高から売上原価を差し引いたもの、この売上総利益から販売費および一般管理費(販管費)を差し引いたものが「営業利益」です。販売費及び一般管理費とは、営業活動に掛かった経費や会社を運営維持していく為に掛かった費用が一般管理費です。この2つをまとめたものが、販売費及び一般管理費として扱われますが、ここまでを覚える必要は特にはありません。

経常利益(損失)

上記の営業利益に営業外損益を加えたものが経常利益となります。営業利益よりも経常利益の方がよく注意して見なければならない項目です。営業外収益は、受取利息や配当金、雑収入などで、営業外費用は、支払利息や手形売却損、雑損失などです。

仮に営業利益だったとしても営業外費用が多く、経常損失となることもあれば営業損失でも営業外収益が多いことで経常利益となることもあります。但し、営業損失で経常利益だった場合は本業としての収益が悪かったことになるので、事業の全体図をしっかりとみたうえでそれが妥当だったのか把握する必要があります。

特別利益(損失)

企業の営業活動には関係ない収益が特別利益です。分かりやすく言うと臨時収入の様なものです。一見、純利益の会社も特別利益の影響で純利益となるような場合は赤字同様とみなされる場合が高いので注意しましょう。

純利益(損失)

経常損益に特別損益を加えて法人税を引いた後の金額が純損益です。最終的に残った金額で、企業の純粋なる営業活動の最終成果となる部分ですので、最も重要視されます。ただ前述の特別損益にもある通り、経常損失の状態から特別利益を足して純利益になるような場合は評価はされません。

大事なのは営業利益

営業利益が多ければ経常損失や特別損失でもまた純損失だったとしても恒常的に損失が続く可能性が低ければ株価に大きな影響を与えることは少ないといえます。営業損益は企業が恒常的に行う事業の成果なので、ここが損失である場合はお世辞にも良い状態とはいえないからです。

そんな営業利益を毎年(毎期)黒字にするばかりか年々増加していく場合は非常に優秀であることが分かります。常に企業を成長させている場合は株価も比例して上昇する傾向にあり投資対象として非常に優れています。

ZOZOTOWNを運営するZOZO<3092>は毎年営業利益を大きく上昇させていることが分かります。これに伴って、ZOZOは2014年から現在までの間、株価が一時約5倍近くまで上昇しています。

ZOZOの凄いところは飛躍的に上昇している点です。各項目で上昇率が10%を超えれば超優秀と言っても過言ではありません。数%でも前年比で上昇するだけでも株価は上昇する場合が多いです。

しかしZOZOは売上高や営業利益、経常利益、純利益全てにおいて大きく上昇。30%以上も上昇している年もあります。更にこれを毎年継続させている企業は非常に珍しく、その数もかなり少ないです。

30年以上営業利益を増やし続ける会社も

ニトリホールディングス<9843>は30年以上も営業利益を増益し続けている企業です。増益継続企業ではその継続年数でトップがニトリという輝かしい実績を持っています。更に創業者の似鳥昭雄さんの経営スキルは尋常ではありません。

将来のビジョンを明確に宣言していますが、この達成年数がほとんど宣言通りです。即ち、ただ増益を続けるだけでなく目標も達成するばかりか目標を達成することでの利益なども予想し、当てているのです。

更に凄いのがそういった目標が1年先、2年先ではなく何十年も先まで読んでいることです。そんなニトリホールディングスの次なる目標は2022年に売上高1兆円の1,000店舗目標、2032年は売上高3兆円で3,000店舗です!

今後も業績を伸ばせば更なる株価の上昇にも期待が持てますね!ちなみにニトリも2014年から現在まで比べると株価の上昇率は、一時約4倍にまで上昇しています!

ZOZO程の上昇率ではないものの、毎年増益が継続しているのは非常に優秀です!

自分の買っている会社が毎年増益しているととても楽しくなるし嬉しくなりますね!

合わせて読みたい