原油

1分で分かるWTI原油先物とは?

原油3市場の1つ

原油にはWTI原油の他にドバイ原油とブレント原油の合計3つがあります。原油取引における指標となっているのがこのWTI原油先物です。文字通りWTI原油先物は先物市場なので現物市場ではありませんが、WTI原油には不純物が少なく精製しやすいことからドバイ原油およびブレント原油と比べれば割高です。また原油取引における価格指標にもなっていることから世界中の原油投資家から支持を受けています。

West Texas Intermediate

WTI原油は上記正式名称にもある通りアメリカのテキサス州の油田から採掘できます。WTI原油の生産量は世界全体の1%程度と僅かなものですが、原油分野において世界で最も取引されているのがWTI原油であることや硫黄分が少なくガソリンやジェット機の燃料などに使用されることから人気が高く原油価格の指標とされています。

報道される原油価格はWTI原油のこと

ニュースなどで「1バレル〇〇ドルに下落」などと発言した場合、それはWTI原油先物のことで他の原油ではありません。先物取引はWTI原油先物のみならず、現物を取引するわけではありません。したがってWTI原油先物もWTI原油を取引しているわけではなく、価格そのものを売買しているわけですが、このWTI原油価格はCFDで取引できる原油取引価格にも影響を与えることから原油価格の構成要因の一つとして考えられます。

合わせて読みたい