CFD,原油

原油が価格調整で急騰!その後の騰落予想は?

原油価格が急上昇しました。限月が変わったことによる価格調整による上昇なので売り方にも買い方にも影響はありません。むしろここからが勝負だと言えます。

価格調整とは?

期近と期先の金額を穴埋めする為に行われる調整処置のことです。これによって今回は20ドルから27ドルまで原油が上昇しました。ですが売り方は7ドル分の評価損失が発生してしまいます。また買い方には7ドル分の評価利益が発生します。

>> 価格調整額の詳しい説明はこちらから!2020年最新版です。

このままでは不公平なので、売り方にはキャッシュで7ドル分を支給。一方で、買い方からはキャッシュで7ドル分を徴収する形で調整を行います。これがいわゆるCFD配当マネーです。

VIX系CFDトレードでは価格調整額をうまく利用した不労所得を構築することも可能です。VIXは経済や相場が平和な時は停滞する傾向にあり、上昇しやすいことから価格調整額としてのキャッシュが売り方には支給されやすいです。

支給されたところで再び下落に転じる可能性が高いので、翌月もまた価格調整額が貰えるという流れです。筆者も200万位VIXに投資して毎月5万円~12万円くらいの価格調整額を貰っていました。

>> 【米国VI】価格調整額を受け取りました

>> 不労所得が簡単に手に入る!価格調整額について解説!!

上記の記事は当時、筆者が価格調整額を受け取っていたときに執筆したもので当時の受取時の写真も貼ってあります。それらを踏まえて、下の記事では丁寧に解説しています。

BuzzBullの人気記事TOP2です!みんな不労所得が好きですね!(2020年4月17日時点)

筆者がなぜ米国VIを決済し、価格調整権利を放棄したかと言えば証券株式会社に対する忖度です!

ではなくて、経済が落ち込むと今度は価格調整を支払う側に回らないといけないので、利確しました。つまり、ずーっと放置しておくのは危険ということです。

原油大幅高は価格調整

そして今回の原油高ですが、20ドルを下回っていた原油が大きく高騰し、26.46ドルにまで飛んでいます。これが価格調整による値上がりで需給によって変動した訳ではありません。

Twitterを見ると、ただ上昇している様に感じた人が大勢いたようです。

CFDはコンタンゴや価格調整を知らないと大損してしまう可能性が高いので、本当に注意してください。それにCFD自体がマイナーなので参考文献も少なく、知ってる人も少ないです。なので、こういうツイートが溢れるのも無理はないです。

ただ分かっている方もいたのでさすが投資家達です!

このまま上がる?

本題ですが、原油はこのまま上がるのか?下がるのか?ですね。

筆者の判断は売りです。ただ下落する可能性が高いと思いますが、CME日経平均先物が急騰していました。同時に、NYダウCFDも大幅高です。

これら先物は原油とは違いますが、平和感が漂っているので原油も買われる可能性は無きにしも非ずです。朝から価格調整で暴騰し、直ぐに値を戻すかと思えばずっと高い価格で停滞しているので方向感を伺っているようです。

ただ、

先物は上がっても、原油を必要としない世界に未だ変わりはないのでまだ上がらないんじゃないかな?と思っています。

一端、様子を見て25ドル割れから入ろうかと今はポジション取りはしていません。

BuzzBull Report

昨夜、第2弾を配信しました!運用レポートで銘柄や売買価格まで参考程度に明記してある無料レポートです。会員登録なども一切不要ですのでお気軽にご利用ください!

>> マンガで見るBuzzBull Report

>> BuzzBull Report 過去の配信成績一覧を見る

免責事項

今回の記事では価格について言及がありますが、全て参考程度に捉えていただけると幸いです。投資の最終意思判断はそれぞれの個人投資家様の判断に委ねられ、損益の全ては投資家様ご本人に帰属されます。損失が発生してもBuzzBullは一切の責任を負いかねますので、投資は自己責任でご運用願います。

合わせて読みたい