CFD,原油

あわや1,000万円の大損失!それでも買い?売り?今後も考察

2020年4月20日に原油価格が大きく下落。一夜明けた現在は再び20ドル付近まで値を戻していますが、これは限月が変更したから。今後はどうなる?-40ドルで破産者続出か?とにかく歴史的な大事件が起こりました。

https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude.html

原油価格がオーバーシュートしました。13ドル付近で一度反発していたこともあり、多くの投資家がTwitterでも買いポジションを持ったことを公表していました。筆者としては15ドルが底値だと思っていたので、警戒感から様子見姿勢を取りました。

原油価格一桁に

仕事で疲れていたこともあり、休憩をとっていると原油価格が11ドルを割り込んでいることに気付きました。さすがに10ドルを割り込むようなことは無いだろうと思いつつも万が一を想定して見守ることにしました。

そう考えているのも束の間、あれよあれよと10ドルを割り込み一気に8ドルまで下落。そこからも下落速度は緩むことなくみるみるうちに下落していきました。

1ドルになったら買おうと…

冗談半分で1ドルになったら買おうと思っていました。資金1,000万円を用意し、準備に備えるも眠気とまだお風呂に入っていなかったので、一端お風呂に入ることにしました。

リフレッシュすることで眠気を飛ばし、冷静な相場判断を下すことが出来る為です。私はよく顔を洗ってから売買しますが、昨夜は深夜ということもありお風呂に入ることにしたのです。これが功を奏すことになるとは想像だにしていませんでした。

https://chartpark.com/wti.html

お風呂から帰ってくると何と原油価格が0.01ドルで停止していました。CMEグループの原油価格を見ると何とマイナス圏まで突入していたのです。たったの1日で50ドル以上下落し、1ドルを底値と踏んで買っていたら最小の1枚だけでも440万円損失する計算です。

たぶん10枚以上は投資すると思うので、完全に消失していました。もしお風呂にいかずに世紀の大チャンスとして投資していたら破産レベルで損失をしていたことになります。

なぜマイナスに?

筆者もそうですが、多くの投資家が過去の相場状況を見て未来を予測します。ですので、過去にない例は想定していない場合が圧倒的に多く、想像以上の大クラッシュを生んでしまったのです。

ではなぜ、原油価格がマイナスまで落ち込んだかと言うと、貯蔵庫にオイルが溢れ返ってしまいもう原油を受け入れるスペースが無くなってしまったのです。それで「お金を払ってでもいいから原油を持って行ってくれ!」という状況に陥ってしまいました。

PexelsによるPixabayからの画像

何度も言いますが、過去に無い例です。異常とも呼べる出来事に1日経った今でも実感がありません。間一髪で危機を避けられた私でさえこの様な状態ですから、実際に損失した方はかなりのダメージを今も負っていると思います。

金融機関も予想外の出来事?

DMM.com証券も原油のマイナスを想定していなかったのか、0.93ドルで取引停止状態になっていたと投資家YoutuberのJINさんが動画内で紹介しています。

DMM.com証券の取引停止はフリーズ的なものだと思いますが、これがあったから大きな損失には繋がらなかったのでは無いかと話していました。

先の限月で考察

5限月の原油価格はマイナス40ドルまで落ち込むも6限月は20ドルで推移、7限月は25ドル後半で推移しているところを見ると夏頃には原油価格も上昇してくるのではないだろうか?

https://www.cmegroup.com/ja/trading/energy/crude-oil/light-sweet-crude_quotes_globex.html

Time Decayの関係上、期間が延びれば延びるほど価格も離れるのは常識ではあるが、注目したいのは大きな値動きの変動が無いというところ。5限月がマイナス圏で推移するのであれば、6限月・7限月もマイナス圏で推移あるいは大きく下落している可能性が高い。少なくとも先物オプション取引ではIVが高騰し、そうなる。

しかしCMEの原油先物を見ると1~2限月先の原油価格でも高値を推移しており前日比も小動きだ。これら動きから考察すると、5限月の原油価格マイナス40ドルというのはAIかアルゴリズムか何かによる暴走だったのではないだろうか?

であれば証券会社の証券ツールが異常を起こしたことも説明が付く。つまりこれはプロのトレーダーでも避けることが出来なかった不測の事態とも言える。

直近は売り目線か

中長期的で見れば買い目線でもやはりまだ貯蔵タンクは満杯なので6限月の原油先物も下落する可能性が高く思える。原油は長めのポジション保有は難しい為、短期決済目線で今は売りを仕掛けるのが得策かもしれない。

ただこれだけの大損失を生んでいることからポジション保有状況もめちゃくちゃになっていると思われます。今の原油は一筋縄ではいかない最も難しい金融商品の一種に変貌している可能性もあり、初心者にはオススメ出来ません。

または原油ベアを売ってみるのも面白いかもしれない。原油ベアは原油価格が上昇すれば下落する対の性質を持った原油系金融商品です。将来的(恐らく夏以降)に上昇する可能性が高いと踏めば、いずれ下落するとし、原油ベアを売ることで収益を狙うのもありだと思います。

いずれにせよ難しい局面であることは変わりはないので、昨夜の様な大きな損失を被る可能性も高い。くれぐれも慎重なトレードを心掛けたいところです。

BuzzBull Report

毎月1日に運用レポートを発行しています。この運用レポートには高確率で収益を獲得できる銘柄情報が掲載されており、初心者でも簡単に資産運用が出来るように構成されています。

完全無料で会員登録も不要なので興味のある方は是非ご利用ください!

>>> マンガで見るBuzzBull Report

>>> BuzzBull Report|過去の運用成績一覧を見る

免責事項

BuzzBullでは多数の運用方法や金融記事をご紹介していますが、これらは参考程度に留め、実際の売買はご自身の判断でお願いいたします。発生した損益をBuzzBullが負担することはありません。全てご自身の自己責任となりますことをご了承ください。

合わせて読みたい