詳しく学ぶ

米国VIの決済目安と推奨保有期間

はじめて米国VIに投資をした時はとても不安だったのを覚えています。「いつエントリーすればいいのか?」「いつ決済すればいいのか?」「どのくらい保有しているものなのか」何も分からなかったからです。そこで今回は私の経験と過去の傾向を踏まえた保有期間と利幅を解説していきます!

米国VIとは?

米国VIはGMOクリック証券独自の呼び名で取引されているCFD銘柄です。下の写真は米国VIのチャートですが非常に特徴的な値動きをしており投資方法を間違えなければほぼ確実に利益をあげることが出来る金融商品です。

通常では12ドル~14ドル付近を推移していますがアメリカ指数のS&P500が大きく下落するときやアメリカ経済への先行き不透明感が強まることで上昇するVIX指数を連動させた金融商品でCFD取引でのみ投資することが可能です。

尚、米国VIへ投資するにはGMOクリック証券もしくはサクソバンク証券のどちらかが必要ですがBuzzBullでは手数料が無料であるということと、日本の会社であることの2つの理由からGMOクリック証券をオススメしています。※サクソバンク証券はデンマークの投資銀行です。

決済するか持ち続けるか

米国VIは売りでエントリーするのがオススメです。なぜなら価格が安い状態にあると価格調整額が行われた際に調整額を受け取れる確率が高いからです。更に価格が安い状態の方が期間が長いことも理由にあります。詳しくは下のリンクを見てみてください!写真多めです。

価格調整額で不労所得生活が可能!

仮に米国VIを200枚(約100万円相当)を売りで保有し続けて2017年と2018年の2年間、価格調整額を受け取り続けていた場合2年間の合計で約425万円を受け取っていたことになります。月割りすると約18万円が配当として貰えるのは投資金額から考えればとても高額であることが分かります。

※買いによる価格調整額の支払いは米国VIの評価益と相殺されることで考慮せず。売りによる評価損失の発生は将来的なコンタンゴを加味した計算

結論から言えば決済することで得られる利益を運用することで発生する運用見込利益が価格調整額の受取利益よりも高い場合は決済した方がいいでしょう。

しかし価格調整額の受け取りは毎回発生するわけではなく年に数回の時もあれば2017年の様に12回中11回という場合もある。

この価格調整額の1年の総受取利益がどれだけになるかを計算する術はないので比較は難しいが最も多い上記期間でも月18万前後です。半分の9万円を決済後の資金約200万円程度で毎月稼げる自信があれば決済する方がいいと思います。

ちなみに私はいつも決済しています。

通常価格を考察する

米国VIの安定価格は年度によってバラバラで一概に断定することは出来ません。例えば2018年2月に起こったNYダウ過去最大の下落では米国VIは最大32.63ドルまで上昇していますが2007年8月から2008年8月は最安価格でも約17ドル高値は37ドルと非常に高い価格帯を推移していました。

2015年4月~8月は13ドルから16ドルで推移しその後約31ドルまで上昇。落ち着いた頃には15ドル~17ドルでした。更に上記で説明した2018年2月のNYダウ過去最大の下落前では10ドル付近を推移していましたが暴騰後は14ドル前後で推移しています。

これら過去の特徴をみると暴騰前の価格帯の1ドルから2ドル高い価格帯で落ち着く傾向にあります。これが繰り返し起こり通常価格帯が20ドル前後になると長い時間をかけてゆっくりと通常価格を10ドル付近まで下げているように思えます。

保有期間の目安

2015年から2019年頭までの期間における米国VIショート戦略でエントリーからエグジットするまでの期間がどれぐらいあるのかを調べてみました。条件は最低利幅10ドル以上で高値認定は20ドル超からです。

結論では利幅平均は13.5ドルで平均保有期間は60営業日でした。1ヵ月だいたい20営業日ですので、約3カ月間がポジション保有期間ということでしょう。ただしこれはあくまでも目安としてお考えください。

私は米国VIを最初に取引したときに200万円の資金で100万円以上も稼ぐことが出来ました。それはこれからもまだチャンスは眠っていますがこの米国VIの上昇はいつくるのかそれは誰にも分かりません。

わたしは口座開設が面倒で後回しにしていて米国VIが上昇したときに慌てて口座を開設して結局間に合わなかったことがあります。口座開設は無料ですしGMOクリック証券ではリアルタイムレートで取引できるデモ口座も無料で提供されているので練習してみると面白いと思います。

尚デモ口座はメルアド1つで開設が可能ですが有効期限があり1ヵ月経つとログイン出来なくなってしまうので注意してください。

最後に

米国VIの取引方法について不明点があったら問い合わせフォームより遠慮なくお問い合わせください!1週間以内に必ず返信いたします。また名古屋市中区にあるBuzzBullオフィスでは対面でのアドバイスも無料で行っていますので合わせてご活用ください。

合わせて読みたい