先物オプション,手口分析

7月1日(木)の日経平均先物予想

本日は7月1日月初ということで通例であれば上昇する可能性が高いと言えます。昨夜大引け後に日経平均先物価格が大きく下落し、9限月先物で28,520円まで下落。その後はNYダウの上昇に伴って上昇し、28,770円まで回復。所謂、全戻しとなりました。

これは必然と言える流れではあります。先週から掲載してありますが現在、機関投資家の先物手口を分析するに28,500円を第1の壁とし、大底が28,000円となっています。28,500円で僅かの反発もなければ損切りして28,200円付近で待つつもりでいました。この作戦は今日以降も有効と思います。

7月9日時点の日経平均株価は28,900円~29,100円の範囲に収まると思っています。しかし現在の株価がこの値段の付近にあり近いこと、コールオプションの売買代金が少ないこと等から一端下落する可能性はまだあります。昨夜のナイトセッションで作った下落幅がボラティリティの拡大とするならば当面は29,000円~28,300円付近でのレンジとなるのではないでしょうか。

即ち、本日以降も大きく下落するようであれば積極的に拾っていきたいところです。拾うポイントとしては

28,700円★★★★☆

28,600円★★★☆☆

28,500円★★★★☆

28,400円★★★☆☆

28,300円★★★★★

28,200円★★★★★

28,100円★★★★★

27,999円以下は損切り(手口分析の崩壊)

というイメージでいます。

本日の予想レンジ

28,600円~28,900円

◆スポンサー企業◆

BuzzBullは以下のスポンサー企業様からのご支援を得て無料で運営しております。

合同会社Serendipity様

合同会社フィオリーレ様

その他スポンサー企業様一覧表はこちら

※上記リンクは、各社スポンサー企業様のサービスサイトに移動します。

※必読※お願い※必読※

本記事に掲載されている内容は、BuzzBull|金融Webメディアサイトに関する情報の提供を目的としたものであり、証券投資の勧誘を目的としたものではありません。最終的な投資決定は、投資家ご自身の判断でなさるようにお願い申し上げます。当サイトの作成や公開等に関わった関係者は、当サイトに情報を掲載する際には、細心の注意を払っておりますが、 当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更又は廃止する場合があります。当サイトの使用及び閲覧は、投資家の自己責任でなされるものであり、当社は本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関し、当社は事由の如何を問わず一切責任を負うものではないことをあらかじめご了承ください。 また、原因の如何を問わず、通信機器、通信回線、商用ネットワーク、コンピュータ等の障害によって生じた本情報の伝達遅延および誤謬、欠陥については当社は一切その責任を負いません。本サイトに記載されている内容の著作権は、原則として、当社に帰属します。 著作権法により、当社に無断で転用、複製等することはできません。 但し、個別に条件が提示されている場合は、当該条件が優先するものとします。

合わせて読みたい