IFA

考察レポートについて

本記事では弊社が提供している3種類の有料レポート内容と1種類の無料レポートの中身について簡単にご紹介させていただきます。3種類の有料レポートは下記外部サイトで販売しております。どうぞよろしくお願いいたします。

note株式会社

先物日記 (16,000円/月刊誌)

最も内容が充実したものです。”証券ディーラー出身の筆者が先物取引で生計を立てる1人の人間としてこう考えている”といった考察記録になっています。リアルタイムで情報を更新し続けていくので「より先物トレーダーとして成長したい」、「証券ディーラーの思考を覗いてみたい」といった方にオススメです。

収録されている内容は、

  • 現在の思考メモ
  • レジスタンスラインとサポートライン
  • 先物オプション情報
  • 手口分析
  • 個人的見解メモ

の5種類になっています。それぞれ簡単に説明させていただきます。

※今後どんどん内容がアップグレードしていく予定です!

現在の思考メモ

現在の思考メモでは週末に更新される1週間の価格の見通しと”こう考えている”という分析結果をチャートに図と字で反映させています。ただ1週間もすると色々と変化が当然出てくるのでこちらを軌道修正する意味合いでDaily予想として毎日数回に渡って直近の動き予想を出しています。

忙しい方でも直視的にすぐ情報を頭に入れられるので大変オススメです。記事の1番頭にあるので目次から移動しなくても確認できるようになっています。Daily予想は更新されると個人的見解メモに更新のお知らせを載せています。

レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスラインは抵抗線です。上昇していく過程でこの価格帯に近づくと動きが鈍化する或いは揉み合う可能性が高い価格帯を調べて掲載しています。先物を買っている場合でレジスタンスラインに近づいたら反落する場合も想定して一部利益を確定しておくとかコールオプションを売って保険を建てるといった戦略が取れるかと思います。

サポートラインは支持線です。下落していく過程でこの価格帯に近づくと動きが鈍化する或いは揉み合う可能性が高い価格帯を調べて掲載しています。先物を売っている場合でサポートラインに近づいたら反発する場合も想定して一部利益を確保しておくとかプットオプションを売って保険を建てるようにするといった戦略が取れるかと思います。

★は強弱を示しており★が多ければ多いほど揉み合う或いは反発・反落する可能性が高いとみています。

先物オプション情報

日本取引所グループより日々公表される機関投資家のオプション情報から重要なゴールドマンサックス社とABNアムロクリア社及び13社の外国参加者合計を1枚の表にして載せています。こちら読み解くにはオプションの知識が必要になってきます。

手口分析

こちらも日本取引所グループより日々公開される機関投資家の先物情報を分析した結果を載せています。先ほどはオプションのみの基となるデータですが、こちらは先物とオプションの両方を分析した結果を文字にして解説しています。

判定結果には「ロング」、「ショート」、「フラット」があります。ロングは上昇を意味しておりショートは下落、フラットは揉みあい(どっちつかず)を表しています。

個人的見解メモ

個人的見解メモは先物日記に唯一収録されています。

リアルタイムで情報が入ってくる先物市場に対応した筆者の個人的な見解を出しています。

上記写真はFOMCのときで日本時間AM3時に発表があったのでこれに対応するべく実況していました。

昼夜問わずイベントがあるときは常に起きて更新しています。

手口分析結果ではショート判定でも途中でロング判定に変わることは月1~2回と多くはありませんが発生します。そういった時にも対応ができるのでいち早く情報を整理することができるのは利点であると言えます。

お買い求めは下記リンクよりお願い申し上げます。

note株式会社

考察情報 (10,000円/月刊誌)⇒廃止予定

考察情報は先物の動向をご自身で占う場合に必要な素材を提供しています。

日本取引所グループより一般公開されている情報をまとめているだけですが、こちら発表があるのは平日17時と20時(目安で遅れる場合もアリ)でダウンロード期限もあります。情報を整理して纏めるのも時間が掛かるので時短したい方には1カ月分ですので大変リーズナブルな価格になっております。

筆者も考察には前半(17時公開の情報)と後半(20時公開の情報)に分けていて全て情報整理してから分析し終わるのに3~4時間掛けております。普段仕事を持っている方にとっては休みたい時間でもあり家族との時間にしたい方も多いと思います。その時間を買うという意味でもアリだと思います。

収録されている内容は、

  • 現在の思考メモ
  • レジスタンスラインとサポートライン
  • 先物オプション情報
  • 分析結果

の4種類となっております。

先物日記との違いはリアルタイム更新が有る無しの違いです。

お買い求めは下記リンク先よりお願い申し上げます。

note株式会社

無料レポート(無料/sometimes)

※18:00~20:00に更新

本メディアの無料レポートカテゴリからたまにレポートを出します。こちらは完全無料で情報を獲得することができます。無料レポートはお試し感覚でお使い頂けるので初心者の方にもオススメです。

こちら更新通知などがありません(noteにはあります)し、鮮度が命なので頻繫に見に来ていただく必要があります。但し、更新した場合はFaceBookページにて告知を行いますのでこちらの通知をONにして頂くことをオススメいたします。

BuzzBull|金融情報Webメディア | Facebook

収録されている内容は、

  • 個人的見解メモ

に収録予定の戦略のひとコマです。

例えば、

26785L

といった様に書かれています。

L・・・ロング(買い)

S・・・ショート(売り)

C・・・カット(利確)

LC・・・ロスカット(損切り)

で表しています。

なるべく確率の高い場合にのみ公開したいですが、頻繫に公開させると有料記事の優位性が薄れてしまうので週に1度だけしか更新はしません。月曜日に更新があったら火曜日以降は推奨できそうな場所があっても載せないのでご注意ください。但し、金曜日まで更新がなくとも金曜日に必ず更新されるわけではないのでSometimesにしています。原則、週1です。

無料レポートは運用資金80万円以下の方にオススメです。80万以下ではたいしてパフォーマンスが出ても利が悪いのでまずは無料で100万円にしてみてください。儲けるのはそこからでも遅くはないです。

チャンスというのは、いま目の前にあるものだけじゃないです。必ずまたやってくるので次回くるチャンスに備えて準備しましょう。

有料記事がプレゼントできます![全員]

noteの機能を使って有料記事をプレゼントできます。プレゼントでは更新機能がない為、現在載せている状態で固定されます。予めご了承ください。

有料記事を購入しようが迷っているが中身がどんなものか知りたいという方にオススメです。

プレゼント希望の方は下記メールアドレスに

  • お名前
  • 年齢
  • 職業

を本文に明記の上、件名に「プレゼント希望」として送ってください。プレゼントは金曜日の夜間か土曜日の日中に送らせて頂きます。(有料記事購入者の優位性保護の為)

info@merrill.co.jp

合わせて読みたい