先物オプション,詳しく学ぶ

相場が天井の時に使用するデリバティブ戦略④

先物(日経平均株価)が今後上昇または下落していくだろうと判断する際に使用したい先物オプション戦略をご紹介します。

ロングプット×先物買い

プットオプションを買って、先物も一緒に買う方法です。基本は、相場が底打ち時に使用するデリバティブ戦略④で解説したもの同様になります。プットを買っているので原資産(日経平均株価)が下落すれば利益が出ますが、上昇すれば損失が発生してしまいます。ただ先物を一緒に買っているので日経平均株価の上昇時には先物で利益が出ます。ここでヘッジが取れているのでデルタを合わせることで上にも下にも利益の可能性を作ることができます。

デルタをプラスに持って行くことで先物主導に、マイナスに持って行くことでオプション主導にできます。この合成ポジションだと先物を主導に考えた方が良いです。それもかなり強めにロングプットは保険ぐらいの気持ちで組むと丁度いいです。

また長期保有には適していません。基本は先物買いベースで考えて、重要指標イベントに合わせて急落が懸念されるような状態や引け後の機関投資家タイムでの保険にプットを買うくらいでこのプットも満期前での決済がオススメです。

リスク度

ロングプットは保険なので損失前提に考えるようにしましょう。短期的にプットがマイナスとなればそれは先物で利益が出ている証拠なので良しとしよう・・・。という考えを持ちましょう。

収益性

保険としてロングプットを持つ以上、収益性は低下してしまいます。ここは割り切るようにしましょう。

機関投資家の手口分析の仕方はコチラから⇩

合わせて読みたい