先物オプション,詳しく学ぶ

相場が天井の時に使用するデリバティブ戦略③

先物(日経平均株価)が今後下落していくだろうと判断する際に使用したい先物オプション戦略をご紹介します。

プット単独買い

プットオプションを単独でロングすることで収益を狙います。相場が天井を打ち、反落する場合には非常に有効なオプショントレードです。

リスク度

リスクは極めて低いです。ショートコール同様に相場が天井打ちして反落するような場合はプットの金額が急激に上昇するので全然下落しなくても天井を打っただけで利益は出ます。ただ反落すると思ってプットを買って反落しなかった場合は更に減価することで次の反落時に大して利益が出ないあるいは損失になってしまうこともしばしばあります。

しかしオプションの単独売りと違って利益は無限大、損失は限定的ということで破産するような損失は起こりません。従って、ボラティリティの高い相場での使用はあまりオススメしませんが、ボラティリティが低い相場での使用は効果的であると言えます。

収益性

瞬間的な収益性で言えば先物単独買いやコールの単独売りを抑え断トツに高いです。暴落は一瞬で起こるので暴落を予見している時に買うプットはとてもドキドキします。僅か数時間~半日で投資金額が2~3倍に膨れ上がることもしばしばあるのでコールよりもプットの方がロングに至っては美味しい展開が多いです。

収益性が高くなる場合

  • 相場が天井を打つ寸前にプットを単独買いする場合で、
  • 尚且つ、プットオプションがATM(ITM)に近い場合
  • 又は、長期的、最終的に原資産価格が購入価格よりも低い場合(結論)

先述にもありますがロングプットの場合は、瞬間的な上昇を狙った方が美味しいので、ロングコールとは違って(結論)を目的とした売買で有効なのは満期までの期間が短くドイツ証券が大きく動いた時だと思っています。

実際、筆者がプットを買う時はドイツ証券が大きく動いた時で更に満期までの日数が2週間くらいの時か、明らかな騙し上げでプットが異常に減価した時だけです。ただこれが正解だと思いますし、結果も出ています。

収益性が低くなる場合

  • 相場が天井打ちせずに更に天高く上昇してしまった場合
  • 最終的に原資産価格が購入価格よりも上にある場合

かく言う筆者もロングプットを取るのは年に3~4回程度であんまりやりません。単独ではなく合成も含めるのであれば頻度は高くなりますが・・・。ロングプットもロングコールも毎月毎月やるようなものではないのでそこだけ意識しておくとだいぶ成績は良くなると思います。

機関投資家の手口分析の仕方はコチラから⇩

合わせて読みたい