IFA

[必読]無料レポートの説明書

本記事は無料レポートの重要説明書になります。

無料レポートをご活用する前に必ず一読して頂きたく思います。

⇩有料版はコチラで販売中⇩

投資対象は先物ミニ

投資しているのは先物ミニと呼ばれる銘柄です。先物ミニは日経先物を1/10にした金融商品で多くの証券会社で取引可能です。日経平均先物は日経平均株価を売買できるように商品化したものですので、日経平均株価と日経平均先物はイコールで考えても差し支えないです。

オススメの証券会社はSBI証券です。

必要運用資金

先物ミニは日によって1枚あたりに必要な資金が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。概ね1枚あたり約20万円で覚えておくといいでしょう。枚(マイ)というのは単位です。1枚、2枚と数えるので覚えておくと良いです。

利益について

無料レポートでは+70円とか△30円というように決済数値の隣に数字を付せています。+70円は最低利益で+7000円を意味しており、△30円は最低損失で-3000円を意味しています。例えば運用資金が100万円で1回の取引に100万円全て投資した場合ですと、+70円の場合は35,000円の利益、△30円の場合は15,000円の損失を意味しています。

更新時間について

文言の隣に必ず更新時間が明記されています。これは文字通り更新した時刻です。後で価格を調べる際に更新時刻を頼りに証券会社のチャートか何かで不正が無いか確認してみてください。レポート通りである証明が取れるはずです。尚、価格は直近メジャーSQ(若しくはCFDの数値)を参考にしてください。

無料レポートについて

更新頻度はランダムです。月4~5営業日分を目標としています。

対象は日経平均先物の騰落を予想しているので最も相性が良いのは先物取引(ミニ)となります。

利益獲得率について

無料レポートに掲載されているものは利益獲得率B~A判定のもののみとなります。

利益獲得率は全部でC~Sまでありますが、CとSは有料レポートでのみ掲載されています。

尚、B判定やA判定が出ても無料レポートには掲載しない日もございます。月の目標更新数は上記にもありますが4~5回です。

無料と有料の違い

有料レポートは読み切りで月刊価格16,000円(税込)です。

無料版は多くて週1回のオススメ情報が、有料版は毎日見ることができます。

また利益獲得率の判定結果もSランクが加わるので高い利益獲得率が期待できます。

FaceBookページへの加入のススメ

BuzzBull|金融情報Webメディア | Facebook

上記FaceBookページでは様々な告知やお知らせがあります。

BuzzBullやnoteで障害が発生した際にはこちらで発信するのでフォローして頂くとより高いパフォーマンス結果が期待できます。

運用資本60万円未満の方は、有料レポートは買わない方が◎

先物取引に使用予定の運用資本が60万円を下回る場合は有料記事は買わずに無料情報の方がいいです。

無料情報でもしっかりと資産を作ることが可能なのでまずは無料レポートで運用資本100万円を目指してみてください。

免責事項

本記事に掲載されている情報及び分析に伴う見解はわたくし個人のものを掲載しております。一個人の個人的見解に過ぎず確実性を有したものではございません。将来の損益を約束したものでもございませんし、特定の銘柄や売買を促す目的も一切ございません。

本記事を見て”先物取引で生計を立てる人物がこういう考えをするんだ”といった様な軽い気持ちで見て頂けますと幸いです。尚、本記事を参考にして先物取引を実行した結果については各自の責任となりますのでご理解ください。わたくしは売買の一切の責任について負うものではありません。

以上を先ずはご理解ください。

無料レポートの活用方法

価格/LorS/勝率

で掲載しています。例えば 27000L(A判定) と書いてあれば27000円付近から上昇する確率がS~C段階のうちA段階にあるという意味です。従って必ずしも27000円で反発上昇する訳ではなく、27010円かもしれないし、27050円かもしれません。価格についてはご自身である程度変更してください。

これは同じ価格での注文が集中する事態を避ける為の措置です。27000円Lと固定してしまうと27000円に注文が殺到してしまい結果、悲惨な事態になりかねない為です。

ですので私が「27055円で反発するな」と思ってもあえて27000円にする場合があります。

注文方法

注文方法はこちらよりご確認ください。

証券会社はSBI証券を推奨しております。最も扱い易くシンプルです。但し、システムで不具合が起きることは多いのでご注意ください。資産に余裕のある方(5000万ぐらい持ってるひと)はサブ口座をどこかの証券会社で開設するといいでしょう。サブ口座のオススメはAUカブドットコム証券です。

対面無料指導

先物取引の経験が全くない人はいきなり数十万、数百万の投資で不安になるかも知れません。

悩みごとや不安に思うことがあれば質問に応える形でコンサルティングさせて頂いております。

お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

合わせて読みたい