先物オプション,基本用語

先物についてアレコレ解説

この記事では先物取引初めて行う人を対象として執筆しています。ある程度先物取引の経験があって部分的に探しものをしている人にとっては回りくどく、面倒に感じるかもしれません。

日経平均株価

よくニュースなどでキャスターが「本日の日経平均株価の終値は~」といったフレーズを耳にしたことはないでしょうか?日経平均株価とは、日本を代表するトップ企業225社の株価を足して225で割った平均値のことで直接、日経平均株価を買ったり売ったりすることはできません。

225社の中にはトヨタ自動車やユニクロを運営しているファーストリテイリング社、ドコモ、ソフトバンクなど日本人のみならず誰もが知る大企業です。

日経平均先物

日経平均株価を売買できるように銘柄(商品)として市場に流通しているのが日経平均先物(以下、先物)です。更に株式市場は朝9時から15時までで取引を終えますが、先物市場は朝8時45分から始まり翌朝5時(冬は6時)まで取引が可能です。先物は、日経平均株価と同じという認識で問題ありません。

先物の種類

先物には様々な種類があります。言い換えれば日経平均株価のみならず様々な指標が存在します。以下は、ほんの一部ですが、全て売買が可能です。

  • 日経225先物
  • ミニ日経225先物
  • TOPIX先物
  • ミニTOPIX先物
  • JPX日経400先物
  • 東証マザーズ先物
  • 日経平均VI先物
  • NYダウ先物
  • 日経225OPコール
  • 日経225OPプット

最後の日経225OPコール日経225OPプットは先物銘柄ですが詳しく言うとオプション銘柄です。自動車で言うATとMTの違い程度だと思ってください。先物ということに違いはありませんが、仕様が全く異なります。

先物銘柄では主にミニ日経225先物(以下、先物mini)を売買するのが一般的です。日経225先物(以下、先物ラージ)は、必要証拠金額が先物miniの10倍と膨大であるにも関わらず呼値が10円刻みなので損失額が多くなりやすいです。また運用金額が100億円に満たない場合はあまり運用にメリットが無いのでほぼ全ての個人投資家は先物miniを取引します。

先物取引は証拠金取引

慣れない方は落とし込むまでに時間が掛かるのでここはスキップしても構いません。証拠金取引も通常の取引もあまり変わらないですが、中身を知ることで追証の対策にはなります。追証が何なのかはまた別の記事でご紹介しますが、簡単に言うと超重要問題です。追証を回避できないと証券会社のブラックリストに登録されてしまうのです。

先物は時価となっていて、その価値は時々変動します。株式も時価でその価値は変動しますが、先物の場合は価値が上昇した際に負債を負ってしまう可能性があります。

例えば現物株の場合、A社の株式を100万円分購入し、A社の株式が20%upしたら投資家の資産は120万円になりますね?ところが、先物の場合、先物を100万円分購入した後に、先物の証拠金が20%UPしたら追加で20万円が強制的に口座から引き落としされます。

ただ無くなるわけではなく、担保として証券会社に預ける形になります。デポジット入金で、それは必ず戻ってきます。

注意点としては、現物株の場合、「財布に100万円あるから100万円全部株に突っ込もう!」でも通用しますが、先物の場合、これが通用しません。100万円先物に突っ込んでしまうと含み損が出た際にあるいは証拠金額が増額した際に証拠金不足となり、追証になってしまいます。

追証は不足金額を入金すれば回避できますが、追証になること自体が資金管理を上手くできていない証拠なのでまずは追証にならないように注意しましょう。

先物取引は資金管理が全て

こちらは筆者の先物口座になっていますが、現在の時価総額は2684万円です。証拠金として証券会社に預けているのは750万円で、余力が1934万円あります。この先物オプション余力がとても重要で、ここの金額を常に自己資金の60%以上になるように意識して取引しています。

現在は30%ぐらいを使用していて、残りは10%ぐらいなので残り200万円ぐらいなら使えますが、一応これ以上は取引せずに評価益が貯まるのを待つか証拠金が下がるのを待ってから次なる取引に移る予定です。この様に、なるべくお金は使い過ぎないように使用する資金量を丁寧に調整していくことが重要です。

先物miniで覚えておかなければならないこと

先物取引を行うにあたって覚えておかなければならないことがいくつかあります。ここは非常に重要なので、ここだけでもスクショするなりメモするなりして覚えておいてください。

先物mini解説
証拠金額200,000~300,000円
倍数100倍
数え方1枚、2枚、3枚
刻み値5円刻み
損益500円(1枚あたり)

証拠金額は変動します。現時点では153,000円ですが、1枚あたり20万ぐらいで計算しましょう。もう少し多く見積もってもいいかもしれません。1枚あたり30万円で計算すれば間違いはないでしょう。つまり200万円を運用資金とした場合に、最大でも保有できる枚数は10枚が限度です。

但し、200万円で10枚は結構なチャンレンジャーです。僕は2500万位を運用資本としていますが、最大でも30枚しか持ったことがありません。ですので、200万円でやるなら2~3枚程度が筆者はいいと思います。

たったの2枚でも5円動くだけで1千円の損益が発生します。先物は1日で100円、200円変動するのは普通なので、200円逆の方向に動けば4万円も損をしてしまいます。

先物miniでの稼ぎ方

筆者はスーパートレーダーです。(嘘です)

これは昨日売った先物miniの現在の評価益で+45万円が出ていますね。建玉数(決済中)には20とあるので、現在20枚の先物miniを売りで保有していることになります。

こんな感じで先物miniで儲けている私が先物miniでの稼ぎ方をレクチャーしたいと思います。

先物は上下どちらにも投資ができる

先物は常に動いているわけです。平日は毎日100円、200円は当たり前で時には2000円近く変動します。上昇のみならず下落もありますが、先物は上昇にも投資できるし、下落にも投資ができます。

こんな感じで売買区分には【新規買】【新規売】があります。

仮説を立てる

筆者がよくやるのは向こう先3ヶ月間の先物市場の騰落を予想します。続いて直近1ヵ月間の騰落を予想します。それぞれの騰落を予想したら広域レンジと狭域レンジを想定します。広域レンジは「どんだけ上昇しても〇〇円だろう」と、「どんだけ下落しても〇〇円では止まるだろう」という予測。狭域レンジでは「上は〇〇円で意識されて、下の壁は〇〇円かな」ぐらいで決めています。

どうやって決めているかは景気ウォッチャー調査とJPXで取得できる機関投資家のポジション情報を複合的に見て判断しています。この辺は他の記事で既にアップロードしているのでそちらをご覧ください。

景気ウォッチャー調査の見方

機関投資家のポジション分析方法

最初に言っておきますが、めちゃくちゃめんどくさいです。毎日4~5時間は作業します。普通に業務レベルです。ただ調べれば調べる程にトレードは上手くいくので止められません。。。

仮説を立てたら

例えばこんな感じで仮説を立てます。

広域レンジ:24,000円~29,000円

狭域レンジ:27,000円~28,000円

で、現在の日経平均価格が27500円位だとするならば、狭域レンジの底値27,000円にも近いし、上値28,000円にも近いけど、広域レンジまで拡大するならば下の方が幅が広いので先物を売ります。

ただ、広域レンジ29,000円では1,500円も上昇する可能性を持っています。さっきポジションを公開しましたが現在20枚の先物miniを保有しています。仮に20枚持った状態で1500円も上昇(逆の方向)してしまうと、300万円も損をしてしまいます。痛いですよね?いやもうめちゃくちゃ痛いです。

それが怖いのでプットオプションを売ります。プットオプションは先物が上昇すると利益に変わるので、先物の売りとは逆相関にあります。先物が下落することでプットオプションは損失を出しますが、プットオプションはTime Decayという時間的価値の減耗があります。要は、ほっときゃいいんです。

プットオプションはどの価格帯を売るかですか、広域レンジの最安値である24,000円よりも下のプットオプションを売ります。23,000円でもいいし、22,000円でもいいです。(ちなみにいま既にもうプットオプションは売っていますが、これは追々インスタでアップします)

どの価格帯でもいいですが、必ずデルタを調整しなければなりません。デルタの数値を見て決めてください。デルタは変動するので必ず毎日チェックして日々調整を加えてください。当然、レンジも外すことがあるのでデルタの調整はその時の保険にも繋がります。デルタの調整は間違えるとあんまり儲かりませんが、大損もしないので徐々に慣れていくのも大事と思ってその辺は勉強代だと思ってください。

BuzzBullレポート

noteを通じてBuzzBullレポートを週刊販売しています。先ほど紹介した狭域レンジや広域レンジ、デルタの数値などが載っています。毎日の分析が面倒に感じる方はBuzzBullレポートで楽をしてみてください。週刊価格は3,980円で、1日あたり796円で購読可能です。

購入に会員登録などは必要なく、月額契約でもないので必要な時に必要な分だけその都度購入して頂くものになっています。解約し忘れて思いもよらぬ出費があった!なんてことはないのでご安心ください。

10年以上分析を続けている筆者が分析しているレポートなのでミスなく正しく分析されていることが強みです。ご自身で分析されてみて、ご自身の分析と見比べて正しく分析されているかの解答用紙として使用するのもオススメです。

合わせて読みたい